女子力アップ

遠距離恋愛を、長く続けるコツ

遠距離恋愛

今まではラブラブで楽しいお付き合いをしていたのに、遠距離恋愛になった途端、急に恋愛がうまくいかなくなってしまった……こんな経験をしたことがある女性も多いのではないでしょうか。「相手が転勤になってしまった」「県外の大学を受験して、離れ離れになってしまった」など、遠距離恋愛は誰の身の上にも起こりうるもの。最初は「遠く離れていても、ずっと好きだよ!」「あなた以外の人なんて考えられない!」などと、距離という『障害』で恋が燃え上がることもあります。しかし、だんだんと距離が二人の関係を冷めたものにしていき、別れを選んでしまう。遠距離恋愛の終わり方は、だいたいこんな感じでしょう。では、どうしたら遠距離恋愛を長持
ちさせることができるのでしょうか。

遠距離カップルは、遠くに住めば住むほど別れやすい

アメリカには、遠距離恋愛がカップルにもたらす影響について研究している専門家もいらっしゃるようです。その研究によると、遠くに住んでいればいるほど、カップルは別れやすいという結果が出たそうです。つまり、近くに住んでいればいるほど長続きしやすく、反対に遠ければ遠いほど別れを選びやすいということです。同棲カップルがずるずると別れにくい関係になってしまうイメージなのに対し、遠距離恋愛をしているカップルは別れやすいというイメージがありますから、この研究結果は納得しやすいですよね。この説を聞いて「じゃあ、私たちも別れてしまうのかしら」「そんなのありえない!」なんて思う方もいるかもしれません。もちろん、遠距離恋愛でもコツコツと恋愛を続けて、ゴールインしたカップルもたくさんいます。遠距離恋愛を長続きさせるコツというのは、確かに存在するのです。

遠距離恋愛を長続きさせるには、なるべく会う機会を作ることが大切です。「そんなこと言ったって、仕事の都合がなかなかつかないし、たまの休日はゆっくり休みたい……」と思ってしまう、その気持ちもわかります。ですが、遠距離恋愛を続けたいのならば、そういった気持ちを乗り越えていかなければいけないでしょう。会う機会が減ってくると、「私のことを好きじゃなくなったのかな」「あっちに気になる女の子ができたんじゃないかな」「もしかして誰かと浮気しているのかも?!」なんて、どんどんと疑念が生まれてきます。こういったネガティブな感情がきっかけで、「もうこの寂しさに耐えられない」となる人、他に優しくしてくれる別の男性になびいてしまう人もいるでしょう。

スポンサーリンク

そうならないためにも、遠距離恋愛でもきちんと会う日を作ることが大切なのです。また、メールや電話などを活用するのもいいでしょう。SNSなどを利用すれば、簡単に動画でもやりとりができます。相手の姿を見ながら話ができれば、だいぶ気持ちも楽になりますよね。しかし、気をつけたいのが、メールや電話を相手に強制しすぎるがあまり、相手の気持ちを見失わないようにしたいということ。毎日電話をすることにこだわるあまり、相手のその日の体調や気持ちを考えられないようでは、だんだんと気持ちが離れていってしまうことでしょう。

将来どうするのかを、彼としっかり話し合おう

また、将来のビジョンについて考えておくことも大切です。相手がいつあなたのところに戻ってくるのか、それともその土地に住み続けなければいけない環境なのかによって、あなたの将来も変わってきます。女性側も、既に社会人として働いている場合には、自分の仕事を失いたくない、条件や環境の面からも今の職場で働き続けたいと考えている女性もたくさんいるでしょう。では、これから二人の関係をどうしていくのがベストなのか?お互いにビジョンをすり合わせておくことが必要になってくるでしょう。

自分磨きも重要です。遠距離恋愛になったストレスで食べ過ぎてしまい、久しぶりに彼に会ったら「さすがに太りすぎじゃない?」なんてビックリされてしまう。「長く付き合っている彼だから、いつのも格好でもいいや」と、着古した普段着で彼の前に登場してしまう。これでは、彼の心があなたから離れてしまっても責められません。なかなか会えない遠距離恋愛だからこそ、相手をガックリさせてしまうと取り返しがつかなくなるかも。どうせならば、彼をビックリさせるくらいに美しく垢抜けた姿を見せたいものです。オシャレにも気を遣い、とびっきりのあなたを見せてあげましょう。

必要以上の束縛は、別れを招きます

遠距離恋愛になった彼を必要以上に束縛するのもやめましょう。彼には彼の生活が、あなたにはあなたの生活があります。毎日電話して欲しい、週末は会いに来て欲しい、プレゼントやディナーでロマンティックな気分にして欲しい……などと、彼の生活を縛りつけてしまったら、彼も息が詰まってしまいます。彼にとって「この子といると楽しい」「この女性以外と付き合うなんて考えられない」と思わせなければいけません。自分の世界を持つことも、大切です。料理を習いに行ったり、スポーツジムに通ってみたり、資格をとってステップアップをしてみたりする。そうすることで、お互いの将来にもプラスになる部分が出てくることでしょう。

 

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ