女子力アップ

長く付き合い続ける恋愛がしたい!そのコツを探ってみた

寄り添って椅子にすわる男女

彼氏ができても、全然長続きしない。 もって数ヵ月、長くて半年。 友達は何年も付き合っている人がいるのに、なんで私の恋は長続きしないの……? なんて思っている女の子、意外と少なくないのでは?

そんなあなたのために、恋愛を長続きさせる方法を調べてきました。

■最初に彼のことを理想化しすぎない

恋愛で気を付けておきたいのが、彼のことを理想化しすぎないことです。 最初に好きになりすぎてしまうと、あとは評価が落ちるのみです。

「前は素敵な人だったのに、今は……」なんて言い出したら、彼も傷つきます。

このような恋愛をしている人は、彼にフラれやすくなります。 同じことの繰り返しで、恋愛の期間も自然と短くなってしまうでしょう。

こんなことが起こるのは、「外見から好きになっているから」。

もちろん、外見から入ることが悪いとは言えません。

ですが、外見だけに惹かれて彼をチヤホヤしているようでは、何か嫌なことがあった時に「顔だけの男」なんて相手への評価が下がりがちになるのです。

自分の理想と違う点があったとしても、それを乗り越えられるような関係を作りましょう。

そのためにも、相手の中身をしっかり見ることが重要です。

■わかり合うための喧嘩をする

喧嘩をしないほど仲がいいカップルもいるそうですが、ちゃんと言いたいことが言いあえる・ぶつかり合えるカップルは関係が長続きしやすいそうです。

喧嘩をしにくいカップルこそ、最初にした喧嘩がきっかけで別れてしまうことも多いそう。

スポンサーリンク

「私たちは似ている」「考え方が同じだ」と思うのもいいですが、そういうことはなかなか実際にはあり得ません。

カップルでも、わかりあえない瞬間があって当たり前。 我慢するのではなく、喧嘩をして乗り越えていきましょう。

気持ちを確かめ合うことで、さらに相手のことがわかります。

■お互いのために努力ができるか

恋愛を長く続けるためのポイントのひとつに、「相手のために努力できるか」があります。

たとえば優しい相手を選ぶことは大事なことです。

ですが、優しければいいというわけではありません。

お互いに譲歩してしまい、鬱屈が溜まっていってしまう。

これでは、関係も長く続きません。

お互いの気持ちを思いやり、努力できるか。

そういう気持ちがあるかどうかで、長続きできるかどうかが変わってきます。

「自分のために」ではなく「相手のために」行動できるかを考えてみましょう。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ