女子力アップ

美人でモテるのに結婚できない。その理由は「ハードルが高すぎる」から

足を組む女性

美人でモテる。でも、結婚できない。

こういう悩みを持っている女性は、実は少なくないかもしれません。

しかし、見た目が優れているのに結婚できないモテ女性は、なぜ存在するのでしょうか?

モテ女なのに、もしかしたら、こんなことをしてしまっていませんか。

■理想が高すぎる

口にしている理想の男性像が完璧すぎると、いくら美人でも結婚を考えてもらいにくいと言われています。

「自分とは釣り合わない」とげんなりされてしまうことがあるでしょうし、「外見でしか男性を判断できない女性なのかも」と思われてしまうかもしれません。

男性に求めている条件が高すぎると、それだけで倦厭されてしまうことがあるのです。

さらに、「男にはそれだけ求めておいて、自分はソレ?」と言いたくなってしまうような怠慢を見せると、いくら美人でもモテにくくなってしまうようです。

■仕事にのめりこんでいる

仕事が好きな女性は今や珍しくありませんが、肩書きを持っていたり高収入だったり、男性の多い職場でバリバリ働いているようなタイプの人は、男性から引かれてしまう可能性があるそうです。

仕事を優先しているように思われてしまうのかもしれません。

自活能力を持つことも大事ですが、隙の無い女性は結婚に向いているようなイメージが持てないからでしょうか。

育児や出産などの折り合いが上手につくのか?と不安に思っている男性もいるようです。

スポンサーリンク

仕事を優先するのもいいですが、ほどほどに!彼の考え方にもよりますから、相手の結婚観はちゃんと確かめておきたいですね。

■浪費癖がある

ハイファッションが好き、海外旅行が好き、贅沢をするのが大好き!

恋愛ならばいくらでも甘やかしてあげたいという男性も、妻にそれをし続けるのはちょっと…という意見が多いようです。

浪費癖がある女性、もしくは自分で稼いだお金であっても気前よく使いたい、貯金は苦手だというタイプの人は、男性から結婚相手としては考えられにくいとされています。

よほどお互いに稼いでいるならば別ですが、節約家のほうがイメージがいいようですね。

■相手を否定してばかり

男性を否定する言動は、何より相手を疲れさせてしまいます。いいところを見つけて誉めてあげるのが男性を喜ばせるコツ。

欠点ばかりを見ていて、相手をそしってばかりの女性はモテにくいのです。おまけに、思わぬ欠点もあります。

相手のことを否定してばかりいると、悪循環でどんどん欠点を見つけてしまうのです。そうなると、もう結婚生活を続けることはできません。

とにかく、「ハードルの高い女子」に見られないように、工夫をすることが大事なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ