女子力アップ

絶対にゴールインする!彼のご両親にご挨拶する時の心得

婚活で素敵な彼を見つけた!でも、ここからが重要です。 いくつかの関門を潜り抜けなければいけません。 たとえば、「彼のご両親」です。

ご両親に気に入られるかどうかで、その後の関係性もガラリと変わってきます。 できるならば、ベストを尽くして彼のご両親にお会いしましょう!

彼の両親に挨拶

■これだけはやっておきたい、彼のご両親への心遣い

・手土産を持参する

さすがに手ぶらで行くのはいけません。彼のご両親の好みをリサーチして、お土産を用意しましょう。 日持ちがするもののほうが喜ばれますが、ケーキなども無難です。

ただし、ケーキは先方が用意している可能性もありますから、もしかしたら避けたほうが賢明かも。

・目を見てご挨拶

シャイな女性には大変でしょうが、目を見てご挨拶するのは大事です。 できれば笑顔で元気よくご挨拶をしましょう。

・「○○さんのお父様、お母様」と呼ぶ

いきなり「お父さん、お母さん」では、相手が警戒する可能性があります。 ちゃんと「○○さん」と彼の名前を枕につけて呼んでみましょう。

・「家族」として誉める

「息子さんとお父さん、似ていらっしゃいますね」「○○さんも優しい方なんですが、お母さん譲りなんですね」と、気が付いたところを誉めましょう。 誉められて悪い気分がする男性はいないものです。

・自分の両親を否定しない

「○○さんの両親に比べて、ウチは……」と自分の家を卑下しないこと。 聞いていてネガティブに感じられる言葉はウケがよくありません。

スポンサーリンク

・彼とベタベタしすぎない

仲がいいことをアピールするのは結構ですが、「私たち、愛し合ってるんだよね~」「ラブラブです」などと言いながら彼をベタベタ触ったり、もたれかかったりするのは不快にとられるかもしれません。 適度な距離を保ちましょう。

・嘘をつかない

学歴や職歴、家庭の事情などを赤裸々に話したら、もしかしてご両親に嫌われてしまうかも……などと思い嘘をついてしまうことがあるかもしれません。 ですが、そのような嘘が露呈した時に、あなたの立場がさらに悪くなってしまうかも。 本当のことを話すように心掛けましょう。

・手伝う、もしくは手伝おうとする

彼の母親ばかりを働かせて、自分が動かないのは減点です。 お茶をいただく時、お料理などをする時などには進んで「お手伝いしましょうか」と申し出ましょう。

・食事のマナーは守りましょう

マナーを知らない人は嫌われるかもしれません。食事会の時などに、マナー違反のことをしないようにしましょう。

・服装にも注意

基本的には、ズボンは避けたほうがいいとされています。スカートのほうがいいでしょう。 人気はやはりワンピース。ミニ丈のものは避けましょう。間違っても、彼のご両親の前でパンチラなんて自体は避けたいものです。

また、素足もご家族によっては嫌われます。床を汗や皮脂などで汚さないように、ストッキングを履いていきましょう。

ついでに気を付けたいのが、アクセサリーです。 あまりに華美な装いだったり、指輪やピアス、ネックレスなどをつけすぎると、あまり印象良く見られないでしょう。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ