女子力アップ

安定したお付き合いから結婚に発展できるカレ・できないカレを見分ける方法

結婚できる彼・できない彼

今までお付き合いした人もいるが、数ヵ月しかお付き合いが続かない。

本当に心を許せる男性を、彼氏にできない。

このような悩みを抱えている女性は少なくないのではないでしょうか。 どうせなら、長く交際できる彼を見つけたいですよね。

では、どういう点に気を付ければ長く付き合える彼を見つけられるのでしょうか?

いつかは結婚できるような素敵な彼を見つけるための、男性を見分けるポイントを紹介していきましょう。

参考記事:素敵な彼氏は、素敵な夫になってくれるわけじゃない!? 理想の「未来の夫」を選ぶには

 

■何気ない会話も楽しめる

やはり、沈黙が苦痛だというカップルは長続きしません。 さらに、話しているうちにしらけてきてしまい、お互いに別の趣味に没頭したり、携帯電話をいじったり……こんな感じでは、やはり交際も長続きしませんし、結婚生活も苦痛になってくることでしょう。

ずっと話していても疲れない、むしろ楽しい。 疲れている時や体調が悪い時でも、会話がつらくない。 こういうカップルは相性がいいと言えるでしょう。

会話が噛み合う相手を選んだほうが、交際は長続きするかと思います。

 

■デートに出かけても、不満が出にくい

若いうちは陥りがちな、マニュアルデート。 「他のカップルがよく出かける場所だから」 「こういうデートは、男性が喜びそうだから」 という理由でデートプランを考えても、相手によっては噛み合わないこともあります。

ルールなしで、お互いに行きたいところを言い合って、そのプランに不満が出にくい。 こういう彼氏ならば長く付き合えることでしょう。

自然体でデートをしても、相手から不満が出にくい。自分も不満を感じないようならば、彼とはピッタリなのかもしれません。

 

■共通点が多い

趣味が同じ。好きな食べ物が似ている。生活習慣が似ている。似たような環境で育っている。このように、共通点が多ければ多いほど、男女は惹かれあい、居心地がいいと感じるようになります。

同じ趣味が見つけられなくても、彼と同じ趣味を始めてみたり、自分の趣味にチャレンジしてもらったりするのもいいかもしれません。

ただ、人によっては「男の世界に入ってくるな!」というタイプの男性もいますから、相手の考えは見極めてから話を進めましょう。

スポンサーリンク

 

■将来設計がマッチしている

女性が「将来は都心の素敵な高層マンションで暮らしたい」、男性が「田舎でスローライフを送りたい」と考えるなど、将来設計がズレてしまっていると相手と長続きするのは難しいもの。

結婚するのにも、こういう価値観があっていないと難しいですよね。 そうでなくても、「お正月には何をしようか」「夏休みにはどこに行こうか、何をしようか」という考えが合致するだけでも嬉しいですよね。

 

■今までに付き合った人より「好き!」だと思える

以前に交際した人と比べて、ついため息をついてしまう。この人でいいのかなと悩んでしまう。 こういうようでは、なかなかお付き合いは長くできません。

反対に、「この人がいい!」「お付き合いしていて、一番楽しい」と思えなければ危険。 せっかく付き合ったのに、とか、彼氏がいないなんて恥ずかしい、なんて思わないほうがいいでしょう。

他の運命の男性との出会いを逃してしまっているかも。

 

■収入がちゃんとある

男性のなかには、収入源が不安定な人がいます。 もしお付き合いだけと決めているならまだしも、結婚するならば収入が不安定な彼氏は避けたほうがいいのかも。

もし不安定な職業に就いている彼でも、生活設計がきちんとしている、貯金がある、税金などもちゃんと支払っている、などという場合にはまだ安心できるかも。

反対に、税金などを滞納している彼は交際を見送ったほうが賢明かもしれません。 「将来性があるから」「いつか稼げるようになるはず」といった考えは、いささか甘いかも?

 

■友人を含めての付き合いができる

自分の友達に彼氏を合わせられない!もしくは、彼氏の友達に会いたくない!こういうようでは、自然と関係もギクシャクしてしまうはず。

反対に、彼から「君の友達には会いたくない」「俺の友達に会いたいの?面倒くさいよ」などと言われてしまうようでは、彼はもしかしたらお付き合いにネガティブな気持ちがあるのかも。

このステップをクリアしなければ、両親へ紹介してもらうことも難しいかもしれない、という意見もあるようです。

 

■相手のプライベートのこともしっかり知っている

相手の家族や仕事、子ども時代から学生時代のことにかけてなど、きちんと教えてくれる彼は誠実ですし、新しく共通点を見つけられるはず。

反対に、何かを聞こうとしても「いいじゃん、別に知らなくても」「言いたくないんだけど」と隠したがるような男性は、あまり信用ができませんよね。

もしかしたら過去に虐待されていたなど言いたくないような理由があるのかもしれませんが、借金歴がある・元カノや職場の同僚と浮気しているなどという可能性もあります。

こういうところもきちんと明かしてくれるような彼のほうが、交際は長続きするかと思います。
スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ