女子力アップ

付き合っている彼が、結婚を意識するようになる「タイミング」を知る!

手をつなぐ男女の手

知っておきたい!彼が結婚を決意するタイミングって、いつ?

彼と結婚したいと思っていても、「そろそろ結婚しようよ」なんて迫ったり、結婚情報誌を彼の家に持ちこんだりすると、意外と男性は引いてしまいがち。

彼に無理やり結婚を迫るより、彼が結婚を考えるように持って行ったほうがいいかもしれません。

それでは、男性はどういう時に「この子と結婚したいな」というタイミングを迎えるのでしょうか?

■居心地の良さを感じた時

一緒にいると、誰といるよりも落ち着く。 家族のような存在だけど、絶対に失いたくない。 そう思わせることができたら、彼はあなたを離したくないと思うはずです。

彼の居心地のいい空間を作ることが大事でしょう。掃除などはできるだけ丁寧にやったり、彼がほっとするような空間を作れるようにしましょう。

スポンサーリンク

■友達が結婚し始めた時

他の男友達が結婚し始めると、焦りを感じる男子は少なくないようです。 特に、仕事によっては「男は結婚してから一人前」なんて言われるところもあるようですから、その人の職業や職場の雰囲気にも左右されるのかもしれません。

会社の同僚や友達が結婚ラッシュを迎えると、焦るのは女性だけではないようです。

■家事をこなしている女性の姿を見た時

彼女が美味しい手料理を作ってくれた時。 ズボンの裾上げをしたり、アイロンを上手にかけてくれたりする姿を見た時。 こういう時には、彼も思わずキュンとしてしまうようです。

家事が得意な女性は、結婚を意識させるようです。とはいえ「私が何でもやってあげる」と、お母さんのように世話を焼くのはやりすぎかも。ですが、料理上手なのには越したことがありませんから、彼のために美味しい料理を作ってあげましょう。

参考記事:男性にモテる『料理力』を身につける

■親に言われた時

「そろそろ結婚しないの?」と親から言われると、自然と結婚を意識するようになる男性もいます。

特に、同棲をしていることが相手のご両親にも知られている場合には、「まだ結婚しないのかな」と双方の親からせっつかれることもあるでしょう。 彼と結婚したいなら、彼の両親と仲良くなっておくのも手です!

■将来の人生設計がマッチした時

将来のことを自然と話すようになって、その結婚観が自分に依存するものでなかった場合には、男性は「この子なら、楽しい結婚生活が送れるかも」と思うようです。

たとえば、「専業主婦になりたい」「結婚したら、毎年海外旅行に出かけたい」というような女性は、なかなか結婚に踏み切りにくいという男性もいます。

もちろん男性側から「専業主婦になってくれ」「贅沢をさせてあげる」と言われるパターンもありますが、あまりにも過度な期待を男性にかけると、彼は「もっと自分に合った子が他にいるのでは」と思ってしまうようです。

彼に依存するような言動は避けて、「結婚してからもまだまだ働きたい」というアピールをしていくことが大事でしょう。

ただし、このような態度を結婚した後に翻す人もいるようです。 そうなると、男性側からの愛情が一気に冷めてしまうかも。 結婚はできても、結婚生活がうまくいかなくなる可能性が大です。

結婚に大事なのは、お互いの気持ちとタイミングが噛み合うことです。 押し切るのではなく、自然と彼にそう思ってもらえるように頑張りましょう!

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ