女子力アップ

モテ女子も年を取る… 年齢を重ねたモテ女子がやりがちな失敗とは

モテ女子も歳をとる

いつも彼氏が途切れない。適度にモテ続けていて、いつも皆から愛されている実感がある。

そういう女性にとって、モテをキープするなんてお手の物かもしれません。ですが、モテ女子だからこそやってしまう失敗もあるようです。

「私はモテる!」という自覚がある女性こそ、是非自分の環境や気持ちを見直してみてはどうでしょうか?

■いつまでも「見た目」にこだわる

女子力=外見の美しさと考えていると、後で大変な目に遭うかもしれません。若い頃は「美人」「カワイイ」とチヤホヤされていても、そこに「若さ」があるから成立しているモテもあります。

「年齢のわりに美人だけど、あの人キツイよね…」「仕事もできないし、尊敬できるところもない。顔はまあまあ美人だけど、おばさんだしなあ…」なんて思われ始めたら、後は坂道を転がり落ちるように嫌われたり疎まれたりしてしまうかも。

若い見た目にこだわる、エステやネイルサロンに行くことで女子力磨きをしているつもりになっていると、いつの間にか「昔はモテていた人」扱いになってしまうかも…。

スポンサーリンク

■キープにされてしまう

美人なのにキープにされたり、都合のいい女として扱われたり…これは、適度にモテてしまったからこそ、男性からの煽てに弱くなってしまい、ついつい「私もまだモテてるし!」とその誘いに乗ってしまうことから起こる悲劇です。

モテは、チヤホヤしてくれる人間の数で決まるのではありません。

素敵な男性から深く愛されていることのほうが、モテ女子力が高いこともあります。

カラダ目当てで寄ってきたつまらない男からチヤホヤされても、上手にかわしましょう。

■チヤホヤされすぎて、深く愛されたことがない

いろんな男から声をかけられるけれど、ルックスしか見られていない。なので、結局浮気されてしまったり、飽きられてしまったり…。

自分の見た目だけを誉めてくれる男性からモテていても、あまり意味はありません。こんな薄いモテは、モテとは言えないのかも。なるべく中身を見てくれる男性、そして愛情を注いでくれる男性を選びましょう。

若いうちはワガママで生意気な女の子も、「キュートだ」「そんなところもいい」なんて言われるもの。

ですが、それがアラサー・アラフォーになったら、ただのワガママなおばさん・口の悪いおばさんになってしまうこともあるのです。

モテているからといって、「そのままでいい」というわけではないのです。その状況にあぐらをかいていると、とんでもないしっぺ返しをくらう可能性もあります。

外見だけでなく自分の能力や中身も磨く努力をしてこそ、真のモテ女子として永遠に愛されることでしょう。

30歳を過ぎてもモテ女でいるために注意しておきたいこととは?

30歳でもモテる

「女は、30歳を超えたら賞味期限切れ」なんて意見を口にする男性がいます。 ですが、30歳になっても現役バリバリのモテ女もいますし、20代でもまったくモテない女性もいます。この差は、何から生まれてくると思いますか?

■ネガティブな女性は、いくつでもモテません

30歳を過ぎたらオバサンだから、もうモテない!とネガティブなことを口にしている女性もいるようです。ですが、年齢のせいでモテなくなるということは、あまりありません。魅力がある人はいくつでもモテます。

若かったらモテる、そうでなければモテないということはないのです。つまり、年齢のせいにして「モテなくなった」と諦めてはいけません。

スポンサーリンク

■オバサンくさいって、どういう女性のこと?

以下の条件に当てはまる人は、もしかしたら周囲から「オバサン」と思われているかもしれません。

・昨年よりも太ってしまった
毎年体重が増加している人は要注意です。体型がふくよかになることで優しさや柔らかさが強調できることもありますが、多くの場合には老化を招きます。

・同じ洋服を何年も着続けている
「着心地がいい」「自分が好きなデザインだから」と、昔から着ている洋服を着まわし続けていると、本人が気が付いていなくても流行遅れになっている可能性があります。

・加齢臭
おばあちゃんの匂いとまではいかなくても、独特の加齢臭がする女性は、明らかにモテません。

・知性が感じられない
芸能ネタにばかり詳しいのも問題ですが、映画や本、政治や経済などに興味がなく、ファッションやメイクのことばかりに詳しい女性は、ちょっとオバサンっぽいと思われてしまうかもしれません。

・細かいところに気を使えていない
流行の靴を履いているけれど、つまさきやカカト部分がボロボロ。 マニキュアを塗っているが、爪が伸びてまだらになっている。髪の毛をキレイに巻いているが、毛先が傷んでパサパサしている。

歯がタバコのヤニのせいで黄ばんでいる。このように、細かなところに気が行き届いていない女性は、もしかしたらオバサンと言われてしまうかもしれません。

■本当にモテる女性は、アラサーになってもモテる

20代前半までは、女性も男性を選びたい放題かもしれません。

「世間知らずなところがカワイイ」「仕事でミスして、しょげているところを見て思わず守りたくなった」ということもあるでしょうが、年齢を重ねるにつれて、このようなタイプの女性はモテにくくなるでしょう。

「一般常識がない」「マナーが足らない」という女性は、大人になると男性から避けられてしまうかもしれませんね。

そのためにも、「自分のやりたいこと・目標を明確に持っている」女性であるように努力すべきでしょう。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ