女子力アップ

モテ女子も年を取る… 年齢を重ねたモテ女子がやりがちな失敗とは

かつてのモテ女子

いつも彼氏が途切れない。

適度にモテ続けていて、いつも皆から愛されている実感がある。

そういう女性にとって、モテをキープするなんてお手の物かもしれません。

ですが、モテ女子だからこそやってしまう失敗もあるようです。

「私はモテる!」という自覚がある女性こそ、是非自分の環境や気持ちを見直してみてはどうでしょうか?

■いつまでも、「見た目」にこだわる

女子力=外見の美しさと考えていると、後で大変な目に遭うかもしれません。

若い頃は「美人」「カワイイ」とチヤホヤされていても、そこに「若さ」があるから成立しているモテもあります。

「年齢のわりに美人だけど、あの人キツイよね…」「仕事もできないし、尊敬できるところもない。顔はまあまあ美人だけど、おばさんだしなあ…」なんて思われ始めたら、後は坂道を転がり落ちるように嫌われたり疎まれたりしてしまうかも。

若い見た目にこだわる、エステやネイルサロンに行くことで女子力磨きをしているつもりになっていると、いつの間にか「昔はモテていた人」扱いになってしまうかも…。

■キープにされてしまう

美人なのにキープにされたり、都合のいい女として扱われたり…これは、適度にモテてしまったからこそ、男性からの煽てに弱くなってしまい、ついつい「私もまだモテてるし!」とその誘いに乗ってしまうことから起こる悲劇です。

モテは、チヤホヤしてくれる人間の数で決まるのではありません。

素敵な男性から深く愛されていることのほうが、モテ女子力が高いこともあります。

スポンサーリンク

カラダ目当てで寄ってきたつまらない男からチヤホヤされても、上手にかわしましょう。

■チヤホヤされすぎて、深く愛されたことがない

いろんな男から声をかけられるけれど、ルックスしか見られていない。

なので、結局浮気されてしまったり、飽きられてしまったり…。

自分の見た目だけを誉めてくれる男性からモテていても、あまり意味はありません。

こんな薄いモテは、モテとは言えないのかも。

なるべく中身を見てくれる男性、そして愛情を注いでくれる男性を選びましょう。

 

若いうちはワガママで生意気な女の子も、「キュートだ」「そんなところもいい」なんて言われるもの。

ですが、それがアラサー・アラフォーになったら、ただのワガママなおばさん・口の悪いおばさんになってしまうこともあるのです。

モテているからといって、「そのままでいい」というわけではないのです。

その状況にあぐらをかいていると、とんでもないしっぺ返しをくらう可能性もあります。

外見だけでなく、自分の能力や中身も磨く努力をしてこそ、真のモテ女子として永遠に愛されることでしょう。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ