女子力アップ

いつまでも彼に愛されたいなら、しておくべき5つのコト

海辺のカップル

大好きなカレと、いつまでもラブラブでいたい。 そう考えている相手と本当に楽しい関係を続けていくには、さまざまな工夫が必要です。

いつでも同じデート、いつでも同じ対応では、彼もあなたもだんだんとマンネリを感じてきてしまうはず。 ですから、いろんな工夫をしてみる必要があるというわけです。

マンネリを乗り越えて彼と幸せな関係を築きましょう!

■一緒にお風呂に入ると効果的!

一緒にお風呂に入るなんて、「相手の裸を見慣れてしまうから、しないほうがいい!」「お風呂は別々で入ったほうがいい」という意見があります。ですが、反対に一緒にお風呂に入ったほうが、マンネリになりにくいという見解もあるのです。

これは、お風呂に一緒に入ることでリラックスした時間を共有できるからです。気持ちよくなってから相手と過ごすことになりますから、お互いに「この人といると楽しいな」「落ち着いて一緒にいられるな」と思う効果があるそうです。

友人や家族に邪魔されたり、テレビやマンガ、携帯電話などに気を取られたりすることがないのです。

毎日は大変ですから、時間がある時だけでも実践してみてもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

■一緒に旅行に行く

旅行を通じて、いつもと違う非現実の世界に出かけていき、そこで共通の体験をすることで仲を深めることが、マンネリに陥っていないカップルがしていることのひとつだそうです。

旅行をすることでストレス発散もできますし、パートナーの意外な一面を見ることもできるでしょう。

また、定期的に二人で計画を立てたり、旅行のことを相談したりするという「過程」の作業も、お互いの仲を深めるのに効果的でしょう。 そして、お互いの長所に改めて気付けるよい機会になるのでしょう。

ただし、気を付けたいのは「旅行の準備をしている際に、喧嘩をしないようにしよう」ということ。

「自分にばかり準備を押し付けて、彼が協力的ではない」

「行ったら楽しむくせに、行くまではゴネ続ける」

「文句が多く、ダメ出しばかりしてくる」

このような彼とは、自然と喧嘩が生まれてきてしまいがちです。 あまりにも諍いが絶えないようならば、彼と旅行に行く以外の手段を探してみたほうがいいかもしれません。

参考記事:彼氏と初旅行・初お泊まり!そんな時にしてはいけないことって、どんなこと??

■マッサージや肩もみなどをしてあげる

男性は、女性に負けず劣らずマッサージが好きなもの。 日々の仕事で疲れ切っており、肩や腰がパンパンになっている人も少なくないのではないでしょうか?

いかにも疲れた様子の彼には、「今日はマッサージしてあげようか?」と声をかけてみるといいかもしれません。

ポイントは、ゴリゴリと強く揉みしだくより、ソフトタッチで何度も揉んであげること。 あんまり強く揉みすぎてしまうと、逆に痛みが出てきてしまうことがあるからです。

お互いにマッサージをし合う夫婦が、喧嘩ばかりしているというイメージはあまりありませんよね。

毎晩マッサージし合っていれば、相手との関係もきっとうまくいくはずです。

■美味しい料理を作ってあげる

やはり、男性は料理上手な女性が好きなもの。 家に帰ってきた時に、「今日、これが食べたかったんだ!」と言いたくなるような美味しい料理が用意されていれば、マンネリになることなんてあり得ません。

「この料理を食べられるのは、彼女のおかげ」と彼や旦那さんも思ってくれることでしょう。

美味しい料理を、彼と一緒に食べるということも大事です。彼が帰ってきたら、ラップがかかった冷めた料理がテーブルに並んでいて、あなたはグーグー寝ている。

これでは、買ってきたお惣菜やお弁当を置いておいたとしても、ほとんど変わりありません。コミュニケーションを取りながら食べるということは、とても大切です。

ちなみに、料理ができないわけではないのにあまり美味しくないという評価をされてしまう人にありがちな傾向も上げておきましょう。

彼に料理を作ってあげる時に、余計なアレンジやちょい足しをする女性がいますが、基本的には基本に忠実に作るべきです。

参考記事:男性にモテる『料理力』を身につける

■相手とよく話すようにする

一番大切なのは、相手とよく話すようにすることです。 普段から会話をすることがほとんどない。 仕事の時間の都合上、すれ違いの生活になってしまっている。

相手も自分も忙しくて疲れているせいか、ぼんやりしていて話が盛り上がらない。 こういう関係では、相手と話もするのも聞くのも苦痛になってきてしまいます。せめて、相手の話に耳を傾けてみてはどうでしょうか。

「うん、それってすごくよくわかるよ」「あなたの考えることが正しいと思うよ」と相手を肯定し、誉めてあげることで相手もいい気分になりますし、あなたに対して一目置いてくれるようになるでしょう。

間違っても、自分のやりたいこと・したいことに彼を従わせようとしないこと。 彼にとって、あなたの共感こそがマンネリを防ぐためのポイントとなってくれるはずです。

これらの手法を使って、いつまでも彼とラブラブな関係を続けましょう!

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ