女子力アップ

「結婚できない女」にありがちな、4つの欠点

付き合うにはいいけれど、結婚するにはちょっと……。

もしかしたらあなたも、彼氏からこう思われているかも!?

このような女性として思われてしまうと、彼氏が結婚を意識し始めた途端、冷たい関係になってしまうかもしれません。 「この子とは結婚できない」という感情は、何年付き合っていたとしても、それがプラスに働くことはありません。 もし心当たりがある場合には、自分を変えたほうがいいかもしれませんね。

では、そういう女性の欠点とは、どのようなものがあるのでしょうか?

結婚できない女

 

■とにかく、ワガママ!

急に機嫌が悪くなったり、彼女が好きなものを否定すると口を利いてくれなくなったり。 このような態度を彼にとっていると、「結婚したくない」と彼に思われてしまうかも。 彼に合わせたり、我慢をしたりすることができない女性は問題があります。 彼はいつもあなたの都合に振りまわされ、疲れてきてしまうからです。

男性からすると「ヒステリー」とも言われるような態度をとるのもNGです。 「どうして私より仕事を優先するの?!」「男友達より、私のほうが大事でしょ!」などと、自分を中心に据えたがる。 もしくは、「彼が自分の話に上の空だった」「ちょっと肘が当たった」だけで、ガミガミと怒り出す。

そのわりに、自分は実家や両親にベッタリで、自立できていないという女性は、とても結婚に向いているようには見えません。 料理が苦手、掃除や洗濯が嫌いという女性でも、せめて「やろうと頑張っている」ところを見せたり、今は実家に住んでいるという場合には貯金をしたり親孝行したりして、自立心がある女性であろうと務めるべきでしょう。

 

■あまりにネガティブ!

「私なんて」「どうせ、ダメに決まってる」という言葉を連発する女性は、愚痴っぽくてネチネチした印象を持たれる可能性があります。 ネガティブな女性より、ポジティブで「一緒に頑張ろうよ!」と肩を叩いてくれる女性のほうが一緒にいたいと思われるものです。 グチグチとした態度は、婚活でも失敗しがちです。 「

私にはできないから、○○さんがやって」と、人に押し付ける。

「今日のディナー?なんでもいいし、どこのお店でもいいけど、美味しいところがいいな。あと、サッパリしたものが食べたい」と、自分で決められないくせに注文は多い。

「飲み会の幹事とか、やりたくないんですよね」と、持ち回りの役割なども拒否する。

こういう女性は、いくら経っても結婚できないかも。 そもそも、自分自身で物事をよくしよう、努力しようという気概はないうえに、他人への文句が人一倍多い人もダメでしょう。 自分の不幸なエピソード、元カレにされたヒドイ仕打ちや家庭環境の愚痴などを話したとしても、彼も友人も誰も喜ばないのです。 できれば、なるだけ明るい女性でいるように心掛けましょう。

スポンサーリンク

 

■自分ばかり楽をしたがる

今の時代、専業主婦でいられるだけの余裕がある既婚者女性も、多くはありません。 教育費のことを考えると、共働きを選ばざるを得ない人もいるのではないでしょうか。 しかし、それでも「専業主婦でいたい!」と主張する女性は多いもの。 もちろん、何かポリシーがあって専業主婦を選ぶ方もいます。 ですが、「自分だけは楽をしていたい」という気持ちからこのような主張をするのは、いささか問題があるでしょう。

面倒くさいから、食事も冷凍食品やコンビニのお弁当、外食ばかり。 「できな~い」「わからな~い」で済まそうとする。

こういう人は、男性からその態度を冷静にチェックされています。 いつでも自分のメリットを優先している態度には、彼だけでなく周囲もドン引きしているかもしれません。 自分>パートナーという図式をチラリとでも考えている女性は、男性にそれを気付かれているかもしれないのです。

 

■非常識すぎて、一緒にいたくない

あまりに非常識で、一緒にいるのが恥ずかしい。 こういう女性も、なかにはいます。 たとえば電車の中でお化粧をする行為は「誰にも迷惑をかけていないじゃない」と言うかもしれませんが、やはり周囲にとっては見ていていやな気持ちがする行動でもあります。 じゃあ、迷惑にならなきゃ何をしてもいいとこの子は考えているのかな?と彼も考えてしまうでしょう。 もし結婚して、子供にも同じような態度を見せるとしたら……と考えると、ゾッとしてしまうという声もあります。

他にも「ゴミをポイ捨てする」「家庭ゴミをコンビニに捨てに行く」「違法駐車・違法駐輪は当たり前」というルール無視の姿勢、「他の女性の彼氏を略奪したり、不倫をしたりするのも当たり前だった」「友人の好きな男性の名前を皆に触れ回る」「友人の結婚式にケチをつける」など、トラブルメーカーとしてしか考えられないような態度をとる女性は、あまり結婚に向いていないような印象を残します。 社会のルールや、一般道徳などはできるだけ守るべきでしょう。

 

もし、これらの条件に思い当たる点がある方は、なるべくすぐに自分の欠点を改善しましょう。 「隠せばいい」「男性を騙すのなんて簡単」と思われるかもしれませんが、そんなことでは、もし結婚できたとしても、離婚されてしまうかも。それでも文句は言えないかもしれないですね。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ