女子力アップ

女性からでも誘ってOK!さりげなく彼とデートするには

やっぱりデートは、男性が誘ってくれるほうが嬉しい!そう思っている女性も多いでしょうが、女性からデートに誘うのもいけないことではありません。

待ち続けていてチャンスを逃すよりは、思いきって自分から仲を進展させてみてはどうでしょうか?

デートのお誘い

■男性がドキドキする、女性の誘い方

まず、男性と仲良くなるには「食事を一緒にとる」ことが一番。

スポンサーリンク

ただし、店選びは彼の好きなものを出しているところを選ぶのがいいでしょう。

お肉が好きな彼なら焼き肉や焼き鳥、飲むのが好きな男性ならお刺身と日本酒がおいしいところ…なんて選ぶだけでも楽しそう!

会話の中でおすすめのお店の話を持ちかけて、「一緒に行ってみようよ!」と声をかけるのがいいでしょう。仕事終わりでお腹が減っている時なんか、絶好のタイミングです。

もしくは「今度行こうよ!」「よかったら一緒に行かない?」などと、次のチャンスにつなげてみましょう。

普段お世話になっている先輩や上司ならば、「助けていただいたお礼に食事でもどうですか」「プロジェクトが終わったんだから、ぱーっと飲みに行きましょう」なんていういい方もOKです。

ただしこの場合には、女性側が多めに出すくらいの気持ちのほうが相手にも感謝の気持ちが伝わりそうですね。

食事以外にも、誘い方はいろいろあります。

男性が趣味にしていること、得意なことなどで会話を盛り上げ「今度、レクチャーしてくれない?」「興味があるんだけど、どれを購入したらいいのかわからないからついてきて」などとデートに誘ってみましょう。

ただし、本気でその後に趣味を頑張る意識がないと、彼も「言い寄る口実かな?」なんて気付いてしまうかもしれませんよ。

スポンサーリンク

恋愛慣れしている女性ならば、ストレートに誘うのもあり。

「あなたに興味があるから、私とデートしようよ」なんて大胆に言ってしまうのも、アリかもしれませんよ。

そういう言い方のほうが、駆け引きを嫌う男性にはウケやすいともいえます。

 

■この誘い方はNG!

大胆にいきたいという人でも、露出度の高い服装やセクシーな誘い方はNGです。

また、あまりに重いお誘いは、たとえ男性があなたに好意を持っていたとしても受け入れられにくいかも。

「どうしても付き合って!」「あなたじゃなきゃダメ、デートして!」なんて迫るのも、重たすぎです。

できればサラッと何かのついでに誘うくらいのほうが、相手も気軽に応じることができるでしょう。

また、断られても「わかった!じゃあ、また今度誘うね!」と笑顔で引くくらいのほうが好感を持たれるでしょう。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ