女子力アップ

大好きな年上男子を、彼氏にする方法

年上男子を彼氏にする

若い女性にとって、やはり年上の男性は魅力たっぷりに見えるもの。 落ち着いている、経験が豊か、包容力がありそう・・・・・など、その「お付き合いしたい理由」は数えきれないほどたくさんあるでしょう。

また、年上なのに○○、というギャップも女の子の大好物です。 「年上なのに、甘えん坊」「年上なのに、カワイイ」というような面を見せられてしまうと、どんな女性も思わずドキドキしてしまうでしょう。

しかし、年上の男性は、年下女子を「子供っぽい」「一緒にいても刺激がない」と思ってしまうこともあるようです。

それでは、どうしたら大好きな年上男性を彼氏にすることができるのでしょうか?

 

■年上男性に惹かれる理由ってなんだろう?

そもそも、年下の女の子が年上の男性を好きになる理由とは、どういうものがあるのでしょうか?

ひとつに、包容力があります。 自分より社会経験も豊富で、たいていの場合には金銭的にも余裕があります。 そのためか、女性に対してのフォローにも慣れていますし、頼りがいがあるような男性も多いでしょう。

また、年上の男性は滅多なことで怒らない人も多いようです。 もちろん、すぐにプンプン怒るような年上男子も存在しますが、ちょっとワガママを言っても同世代なら「うるせー」と言われてしまうところが、年上男子なら「ハイハイ、まったくしょうがないんだから」なんて言ってくれる余裕があります。

そして、「同世代の男の子はどうにも子供っぽい」「精神的に余裕がないし、キリキリしている」と思っている女性は、年上男子にハマりやすいもの。 年上の男性のほうが、成熟した女の子ならば話が合いやすいということもあるそうです。

このように、年上男子にはいろんな魅力があります。 ですが、「包容力があってステキ!」「優しくてステキ!」だけでは、モテ慣れている年上男子は「またか」と思ってしまうはず。 攻め方にも、工夫が必要となってくる……というわけです。

 

■年上男子をドキドキさせるテクニック

年上の男性は、恋愛経験も豊富な人が多いもの。 ゆっくりと相手のことを観察してアプローチをしないと、あっという間にいなくなってしまいます。落ち着いて、ゆっくりと相手のことを攻めていきましょう。

スポンサーリンク

 

・無邪気に声をかけてアピール

年上の男性からすると、年下の女性にそもそも興味がないということもあれば、しり込みをしている場合もあります。 「どう話をしていいのかわからない」というわけです。 そういう態度が透けて見えたら、女性側から声をかけてあげましょう。 明るく「仕事のことでわからないことがあるのですが、教えていただけますか」「趣味の話を伺ってもいいですか」などと話しかけてみましょう。

 

・礼儀正しく、敬語でアピール

いくら仲良くなりたい、なるべくすぐに距離を縮めたいからといって、なれなれしく話しかけるのはNGです。 もちろん、気軽に話しかけるのはいいのですが、その時に「ちょっと、何してるの?使えね~」「○○さんって、マジでおかしいんですけど~」などと軽薄な言葉遣いをするのはやめておくべきでしょう。

また、ファッションも同様です。 コンサバは面白みがないから嫌い!という人もいますが、こういう格好をしておけば男性に好かれやすいものまた事実。 キレイめのおとなしいファッションを選んだほうが、男性からの好感度がアップしやすくなります。 下品な言動は慎んで。

そして喫煙者の方は、タバコを吸わない彼と仲良くなりたいのならば、禁煙するくらいの覚悟が必要かも。タバコをふかしているしぐさや、鼻から煙が抜けるその顔を見て、ドン引きする年上男子は少なくありません。

ただし、仲良くなってきたら敬語のなかに急にタメ語を混ぜるなどして、彼をドキッとさせてみましょう。

 

・理想の男性を聞かれたら、年上の男性を挙げてアピール

年上の男性が年下女子と恋愛の話で盛り上がっている時に、 「どんな男性が好き?」 「うーん、ジャニーズの○○くん!」 と10代のカワイイ男の子の名前を挙げられて、冷めてしまうことがあるそうです。 たしかに、30代~40代の男性が、気になっている女の子からいかにも若くてカワイイ男の子が好きと言われてしまうと、抵抗があるのかもしれません。

気になる年上男性から好きなタイプを聞かれたら、彼と同じくらいの年齢の俳優の名前を挙げたり、彼も好きな男性俳優の名前を挙げたりすると効果があるでしょう。 じゃあ、もしかして俺も恋愛対象の範囲内?と思わせることがポイントです。

 

・若いからこその素直さをアピール!

男性と話をしていても、自分がイニシアチブを握るのではなく、相手の話を聞くスタンスを取ります。 そして、「○○さんってスゴーイ!」と誉めつつ、「私もいつかそうなりたいです」「いろいろと教えていただきたいです」と、彼の心を上手にくすぐりましょう。 「私はまだまだ、あなたはスゴイわ!」ということを前面に押し出して、彼のことを誉めるのです。 もちろん、むやみやたらに誉めまくると反対に不信感が生まれてしまうかも。 彼の得意分野を誉めてあげましょう。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ