女子力アップ

友達以上恋人未満のカレには「彼女にしてほしい」と言葉にして伝えよう

赤いハート型を手に持つ女の人

男性のなかには、「自分から告白したくない」「なんとなく友達から恋人に発展しているような、自然体のカップルに憧れる」という人もいます。

こういう男性とは、よい感じになったとしてもなかなか「付き合いましょう」「ハイ」というやりとりまでに至りません。

しかし、なんとなく男性に言われるがまま、流されてしまって友達以上恋人未満のような関係が続いてしまっている人もいるかと思います。

「これってカノジョ?それとも、都合のいい女?」なんて、悩んでいる人も少なくないのでは。

こういう時には、女性はどんなふうに考えればいいのでしょうか?

■男性がはっきりしてくれない理由は、何かあるのか?

男性が、はっきり関係を明言してくれない理由。

そこには、女性側の曖昧な態度にも問題があります。
彼に嫌われたり怒られたりするのが怖い、関係を失いたくない…そんな気持ちから、相手の求めている関係をなんとなく受け入れてしまっているのでしょう。

ただし、このままではいつまでたってもあなたは彼女なのかそうでないのか、わからない存在のままです。

このままでもいい、というのならば無理に関係を壊す必要はありません。

ただし、モヤモヤした気持ちが少しでもあるならば、相手に自分のことをどう思っているのか聞いてみることも大事かもしれません。

ただし、「私のこと、どう思ってるのよ!」なんて怒りながら聞くのは、彼が一番嫌う行動かもしれませんね。

 

■このような関係を改善するには…?

・相手に任せることをやめる

たまには、違う自分を見せてみましょう。

相手の提示するデートプランに乗ってばかりならば、自分から「ここに行こうよ」と誘ってみる。

スポンサーリンク

それで彼が嫌な顔をしたら、彼とはうまくいかないかもしれません。

・自分から誘うのをやめる

自分から彼を誘うことをやめてみましょう。

そして、彼からの連絡を待ってみるのです。

あなたから連絡が来ないことを寂しいと感じる人もいるかもしれませんし、忘れてしまう人もいるかもしれません。

そうなったら新しい彼を探せばいいまで。

スッパリ忘れて、次に行きましょう!

・相手に自分の気持ちを確認する

そしてもし会うことがあれば、相手の気持ちを確認してみましょう。

はっきりと「彼女と明言してくれるのでなければ、もう会わない」とぶつけてみましょう。

その真剣さに、彼もドキッとしてしまうかも。

 

ただし、彼があなたを切り捨てようとしても、すがりつかないで。

そんな男に執着しても、いいことはありません。

もっと素敵な男性があなたの周りにはいるのです。

誠実さのかけらもない男性は、結婚してからも苦労するでしょう。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ