女子力アップ

なかなか振り向いてくれない男性には、どんなアプローチが効果的?

食事をとりわける女性と男女

彼のことが好きなのに、彼は全然振り向いてくれない。

こういう時にすっぱり諦められたら楽なのですが、「もう少し粘ったら、彼も意識してくれるかも」という気持ちになってしまうと、なかなかそこから抜け出せないもの。

チャンスがあるならば見逃したくない!という女性は、まずは当たって砕けろ精神を見せるべきでしょう。

それでは、脈がない男性にどんな対応をすれば、ちょっとでも意識してもらえるのでしょうか?

■まずはグループデートから始める

1対1のデートだとなんだかうまくいかない。そういう時には、グループデートをしてみましょう。そうすることで、彼の緊張感もほぐれてくるでしょう。

このグループデートは適当に集めた仲間ではなく、あなたと彼のことをよく知っている人がいいかと思います。

ただし、あからさまに2人をくっつけようという演出を皆にしてもらうのはNG。あまのじゃくな男性はこういう演出は嫌いです。

参考記事:「グループデート」を活用して、彼と愛情を深め合う

スポンサーリンク

■「あなたは特別」という感じを出す

女の子が自分のことを好きかも?と思うと、そこから気になる男性もいるようです。

そこからさらに気持ちを深めてもらうためには、やはり「あなたは私の特別な人」という印象を持たせるべきでしょう。

一緒にいる瞬間には「楽しさ」を強調しましょう。言葉でストレートに伝えたほうが、彼には伝わりやすいかも。ただし、ベタベタしすぎると彼に引かれてしまうかもしれません。

「こんなの楽しいのは初めて」と、「楽しい」感情と同時に「貴重な体験をしている」「初めての体験だ」ということを伝えるとよりいいかもしれませんね。

■なかなか手に入らない女性ということを印象付ける

男性にとって、どんな時にもベタベタしてきて、好きという気持ちが手に取るようにわかる女性は攻略をする気にもならないようです。

「手に入りそうで入らない」ような印象を持たせるためにも、彼にアプローチする時とそうでない時のギャップは作りましょう。

また、相手からアプローチをされた時に「いつでもいいよ!」「あなたのためなら、なんでもするよ!」という感じで振る舞うと、いかにも好きという気持ちがダダ漏れです。

重い女にならないようにしましょう。

■気の利く、居心地のいい女になる

一緒にいても全然居心地のよくない女性、「してもらうのが当然」な女性は望ましくありません。

やはり、相手にしてあげることも喜びとして感じられ、してもらった時には感謝を忘れないようにしましょう。

こまめなフォローは、相手の気持ちをぐっとつかみます。しかし、どんなテクニックよりもストレートに気持ちを伝えるほうが効果的なこともあります。

気持ちを伝えて振られてしまった。それでも諦めきれなければ、またアプローチを続けて、再度告白してもいいでしょう。

諦めるか、根気よくアプローチするか。相手のことを考えながら、自分のスタンスをしっかり見極めましょう。

さりげなく彼にアピールするには、どうしたらいい?女の子が知っておくべきテクニック

お酒を飲むカップル

彼に意識してもらうには、やはり多少なりともアピールをする必要があります。

思いきってデートに誘う「攻め」のアピールから、どっちにもとれるような「受け」のアピールまでいろいろなものがありますが、とにかく相手をドキドキさせて、恋心を意識させるべき。

それでは、彼にどんなことをするのがいいのでしょうか?

参考記事:彼にあなたのことを意識してもらうための、7つの魔法の言葉

スポンサーリンク

■彼のセンスを誉める

「その髪型、カッコイイね」「この服いいね!どこで買ったの?」など、相手の持ち物やルックスを誉めるのは常套手段です。

また、「このコーディネート、どう思う?」「このメイク、ちょっと薄すぎるかなあ?」など、男性目線からのアドバイスを求めて頼ってみましょう。

センスを信頼されると、誰でも嬉しくなってしまうものです。その信頼されている印象が、恋愛に結びつくかも…??

■相談ごとをしてみる

「相談をすると、その人と恋愛関係になりやすい」というのは有名な話です。

「誰にも話さないでね」と前置きしておけば、二人だけの秘密に彼も自然とドキドキしてしまうはず。

ただし、ヘビーな内容のガチ相談よりも、彼がアドバイスしやすい内容の相談にしたほうがよさそうです。

■別の呼び方で呼んでみる

今までは苗字にさん付けで呼んでいたけれど、下の名前やあだ名で呼ぶようにすると、ぐっと距離が縮まります。

ただし、勝手にあだ名をつけたり、下の名前で呼びはじめたりするよりは、何かのきっかけがあった時に「これからは下の名前で呼んでもいい?」と聞くようにしましょう。

また、他の知り合いの男性も全員下の名前で呼んだら、あまり効果はありません。あくまで「彼だけ」の特権にするようにしましょう。

■なかなか振り向いてくれない彼を頼る

相手の得意なジャンルで、質問をしたり頼ったりすると会話も弾みやすいです。

「あの映画、もう見た?おもしろかった?」
「このマンガ読んだことある?」
「最近パソコンを買い替えたんだけど、ちょっと困っていることがあって…」

など、相手の好きなジャンル・分野の質問をする。もしくは、困っているから助けてほしいと頼む。

そうすることで、「この子に頼られている」と思えますし、男性としてもプライドをくすぐられるやり方です。

ただし、「あれやっといて、これ貸して」にならないようにしましょう。

このようなやり方もありますが、この人と付き合いたい!と感じている人とは、やはり一緒に飲みに行きながら距離を縮めるのが一番いいやり方かもしれません。

お酒の席でプライベートなことを離しながら、ちょっとスキンシップをとってみたり、甘えてみたり。

反応がイマイチならば、彼はこの恋に乗り気ではないのかもしれませんから、正攻法ではなくアピール方法を変える必要があるかもしれませんね。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ