女子力アップ

男性の洋服のカラーから、その人の恋愛心理を知ろう!

男性の洋服のカラー

「付き合うならば、やはりオシャレな男性でないと!」と口にする女性は、意外と少なくありません。

たしかに、ファッションセンスに優れた男性は魅力的です。洋服は、男性の個性をわかりやすく表しているもののひとつです。男性の洋服のデザインなどにも注目したいところですが、今回はあえてその『カラー』に注目してみましょう。

実は洋服のカラーは、その人が抱いている心理をよく表しているとも言われています。その人の考えていること、好きなもの、現在の気分などを、身につけている洋服のカラーがよく表してくれているのです。もちろん、洋服だけの話ではありません。

部屋のインテリアや所有している車などにも、同じことが言えるでしょう。人は、楽しい気分の時には明るい色を選びます。反対に、落ち込んでいる時にはダークな色合いを選びがちになるでしょう。このように、身につけているカラーでその時の気分を読み取ることもできますし、その人の性格すら簡単に判断することもできるのです。

初対面の男性の洋服の色を見ながら、その人がどんな人なのかを知っていきましょう。

女性人気の高い『白』『青』、男性人気の高い『黒』

たとえば、女性から「男性が身につけていると素敵に見える」と人気が高い色のひとつに、『白』があります。

たしかに爽やかな印象がありますし、清潔感のあるカラーです。白を好んで身につける男性は、真面目で素直な性格とされているそうです。

よく言ええばピュア、悪く言ええばちょっと潔癖症なところがあるとも言われています。嘘がつけない性格であり、他の人が決めたルールには比較的従順です。ゴテゴテとした生活よりも、シンプルライフを好む傾向にあるでしょう。

また、同じく女性人気の高い『青』。ブルーも爽やかさでは負けていません。

こちらも、誠実な性格の人が好むカラーです。どちらかというと理知的で、インテリな人が好きになる色ともされています。

慎重で辛抱強く、静かなタイプの方が多いでしょう。コツコツとひとつのことに取り組むことを好む人が多いようですから、恋愛しても長続きしそうですね。ただ、少し保守的なところがある男性もいるようですから、頑固な人・周りの視線を気にする人も多いようです。

無難なカラーとして男性人気が高い『黒』は、はっきりとした性格の人が好む色だそうです。

自分の感覚や個性に自信があり、人からそれを左右されたくないと思う頑固な方もいるようです。「無理をして他人と付き合うくらいなら、一人で生きていったほうがマシだ」という、一匹狼タイプの人も含まれるでしょう。少し気難しい性格の方もいるかもしれません。

ただし、困難な状況になった時には他の人の助けを借りず、自分の力でなんとかしようとするたくましさも持っています。

スポンサーリンク

明るいカラーを身につけている男性は、明るい性格の人が多い

それでは、『赤』はどうでしょうか。赤を好む男性は、やはり元気で明るく、あっけらかんとした性格の人が多いようです。個性派、目立ちたがりやの人もいるかもしれません。好奇心が旺盛なので、何にでもトライできるフットワークの軽さもあります。ただし、感情が豊かな分、その起伏も激しい傾向にあります。細かいところを気にせずにどんどんと進んできますが、それだけ行き上がりばったりということもあるかもしれません。

『緑』を好む人は、落ち着いた優しい性格です。とにかくおだやかで、一緒にいると落ち着くような居心地のよさを持った男性が好む色です。人を押しのけてまで自分が前に出ようとすることはありません。目立たず、地味に頑張るタイプの方が多いでしょう。ナチュラリストの方も多いので、アウトドアを好む方もいるかもしれません。

『黄色』はビタミンカラーとも言われていますが、赤が好きな男性に負けず劣らず、この色を好む人も元気な人が多いでしょう。ユーモアのセンスにあふれた人もたくさんいますから、一緒にいて飽きることがありません。グループの中にいてもキラキラと光り輝くような存在であり、夢を追い求めることに一生懸命になるタイプでもあります。

ただし、それだけマイペースで自分のやりたいことに固執する一面もありますから、その行動が行き過ぎてしまうと「ワガママ」なんて判断されかねません。

『グレー』は、優柔不断な人が好む色とされています。白でも黒でもないという曖昧さから来ているのかもしれません。人と仲良く付き合う要領のよさもありつつ、深いところまで話し合うことは避ける傾向にあります。人からいろいろと生き方に口出しされることも嫌うでしょう。しかし、どこかで相手を頼ろうとしてしまう、甘ったれな部分も持ち合わせています。

『茶色』は、まさに保守的なカラーです。愛情は人一倍強いですが、それを表現するのが下手な人も多いでしょう。自己犠牲の精神が強いので、他人に尽くしすぎてしまう人もいるそうです。

『ピンク』を好きな人は、ロマンチストで夢見がちな性格です。愛情は豊かで、人に奉仕するのが好きな方も多いとされています。その分傷ついてしまうと落ち込んでしまう人、自分の殻に閉じこもってしまう人もいます。また、ちょっぴりワガママな一面もあり、自分の欲しいものは絶対に手に入れたい、というタイプでもあります。周囲の視線を気にしているタイプでもありますから、「いつでもいい格好をしたい」という人も多いそうです。

このように、身につけるカラーで性格判断もできるそうです。好きな彼の性格をなんとなく知っておきたい、という場合には、参考になりそうですね。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ