女子力アップ

男性から大事にされるために「なかなか手に入らない女」になる

男性から大事にされる女性になるためには、何が必要なのでしょうか?

外見?スタイル?それとも…!?

実は「距離感」が大事とされています。

距離感なんて、恋愛においてそこまで重要ではないのでは?と思う方もいるかもしれません。

ですが、そんなことはないのです。

距離感

■男性は、なかなか手に入らない距離の女性が常に気になる

男性の恋愛心理はなかなか複雑です。まず、男性が惹かれるのはもちろん「好みの女性」。ルックスが好きな相手に恋愛感情を持つのは、自然なことでしょう。

しかし、それだけではダメなのです。

すぐに彼の言うことを聞くようになり、なんでも望みを叶えてあげたくなってしまう。彼の都合や好みに合わせようとする。これでは、恋愛はなかなかうまくいきません。

男性は、手に入りにくい女性のほうが燃えるというのは、もはやよく知られている事実でしょう。

■男性にとって、「手に入りそうで入らない女」になるべき

男性とうまくいきそうになると、女性はつい彼に好まれようとしてしまいます。

自分から積極的にメールをしたり、自分ばかり彼をデートに誘ったり、付き合うというところまで進んでいないのに体の関係を許してしまったり…。

でも、この言動が「彼女は俺のことを好きなんだ」と彼に思わせてしまいます。そう思わせること自体は間違いではありません。

スポンサーリンク

彼が自分からあなたへの愛情<あなたから彼への愛情と思ってしまった時に、気持ちがゆるんできてしまいます。

このゆるみは、恋愛にとってスパイスになるとは言えないでしょう。

ですが、だからといって彼に誘われるまでメールを放置したり、無視したりするのはよくありません。

「この人は、自分のことを好きなのではない」というところまで思わせてしまうと、逆に彼は冷めてしまうでしょう。

効果的なのは、あなたの愛情が彼に確信される前に、「手に入らない女」であり続けること。

そして「この人は自分を好きじゃないんだな」と冷める前に、彼の手に入りそうな距離に寄ること。

彼の心の動きを見ながら、自分の出方を見極める必要があるでしょう。

恋愛がなかなか成就しない女性は、自分の気持ちを相手に示しすぎる傾向があるのでしょう。

つまり、すぐに「好き、大好き」「あなたが運命の人」と言ったり、簡単に関係を持ってしまったりするのは、恋愛をうまくいきにくくすることだと理解しておきましょう。

なかにはこのような恋の駆け引きをまったく好まない男性もいるので、そういう男性にはストレートにぶつかるのが一番いいのかもしれません。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ