女子力アップ

男性からの、初歩的な「好き」サインを見逃すな!

好きというサイン

あなたのことを好きな男性から、ひそかにアプローチをされている。そのアプローチに、なかなか気付かないあなた……そういう局面にあなたは今、いるのかもしれません。

「モテなくて」「男性との出会いがなくて」という言葉をひっこめて、まずは周囲の男性をよく観察してみましょう。

 
それでは、男性からの「好き」というサインはどうやって見つければいいのでしょうか?

 

あなたのことを何かと気遣ってくれる

あなたにこまめに声をかけてきてくれる男性は、あなたに興味があるのです。

具合が悪いみたいだけど、大丈夫かな?

疲れているみたいだけど、ちょっと休む?

今日、カバン重そうだね。俺が持とうか?

など、あなたの表情の細かな変化に気が付けるということは、普段からあなたを見ているということ。

それだけ、あなたに興味があるということなのです。 こういう時には思いっきり拒否するのではなく、彼に甘えてみてもいいかもしれません。

ただ、女の子全般に優しい可能性もありますから、その点はよくあなたも観察しておくべきでしょう。

 

あなたの話に、興味津々だというリアクションをする

男性も女性も、基本的には自分の話を聞いてほしいものだそうです。 恋愛偏差値の高い人は聞き上手だとも言われていますが、そうはいっても好きな相手の話であればいくらでも聞けるというのもまた事実です。

注目は表情と上半身

上半身ごと体を乗り出して話を聞いていたり、笑う時に体全体を揺らしてリアクションをしてくれたりする場合には、あなたのことが好きだという雰囲気が全身から出ていることがわかるのでは。

反対に、ニコニコとした表情をしていても、体がまったく動かない・椅子によりかかったままだというような場合には、あなたの話に形だけ合わせている可能性があります。

スポンサーリンク

 

■やたらと目が合う

好きな女性のことは、自然と目で追ってしまうもの。 だからこそ、あなたのことを気にしている男性と目が合いやすくなるのです。

ですから、やたらと視線が合う、あなたのことを見ているとわかる男性は、あなたのことを好きだと思っているのかもしれません。 特に、恋愛経験が少なくてまっすぐなタイプの男性、素直でわかりやすい男らしい人などは女性のことを見つめる傾向にあります。

ただしなかには、あなたの胸や足だけを執拗に見つめてくるような人もいるかも……こういう男性は、いろんな女性のパーツをジロジロ見るような性質を持っているのかもしれないので注意しましょう。

 

■「彼氏いるの?」と聞いてくる

男性のなかには、あなたに恋愛系の質問をよくしてくる人がいるでしょう。 単なる「話好き」「知り合いのゴシップを集めるのが好き」という男の可能性もありますが、恋愛系の質問をしてくる男性は要チェック。 あなたのことを知りたいから、彼氏の有無や恋愛経験について聞かれている可能性があります。

「好きな男性のタイプは、どんな人?」

「彼氏はいるの?いないの?」

「どのくらいいないの?」

「彼氏、作る気はないの?」

などしつこく聞いてくるような男性は、あなたのことを気にかけている証拠

他の男性といる時に割り込んでくる、いつもあなたの隣に座って話をしようとするような男性も、もしかしたらあなたを好きなのかもしれません。

興味のない女性、嫌いな女性に絡みたい・個人的な情報を知りたいなんて男性はなかなかいないもの。 どちらにせよ、あなたのことを気にしているということです。

 

■どうでもいい内容のメールが送られてくる

用事がないのにメールをしてくる。 しかも、たいしたことがない内容だ。

これは、プライベートでもあなたとつながっていたいという男性心理の表れです。 何でもいいことでもあなたに報告したい、会話をしたいということなのかもしれないですね。

こういう時に、あまりにつれない内容のメールを送ってしまうと相手の気持ちが冷めてしまう可能性があります。 マナーとしても、きちんと返信をしておきましょう。

 

■あなたに近付いてきてボディタッチをしてくる

男性は、好きな女の子にはなるべく近寄ろうとするもの。 だからこそ、あなたに必要以上に近寄ったり、隣に座ろうとしたりする可能性があります。

必要以上にベタベタしてくるのは問題ですが、指先が触れた時に「あっ」と気まずそうな顔をしている、照れた表情を浮かべているのならば、あなたのことを好きだという気持ちを隠しきれていないのかも?

 

■小さなプレゼントをくれる

出張みやげなどで、小さなお菓子をくれる。 あなたの誕生日に、さりげなくお返しに気を遣わなくていいようなものを渡してくれる。

こういう男性は、あなたのことを好きだという可能性があります。 あなたが何気なく食べたがっていた、欲しがっていたものをくれる男性は、あなたとした会話をしっかり覚えているということに他なりません。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ