女子力アップ

彼は守りたいタイプ?それとも守られたいタイプ?デート中の彼のスキンシップで、どちらかわかる!

カップルの位置

彼氏とデートをしている時。

いまいち、彼の考えていることがわからない…そう不安に感じている人もいるかもしれませんね。

ですが、彼のスキンシップのとりかたで、その恋愛心理がわかってしまうかもしれないのです。

もし彼のスキンシップに不満があるという場合や、彼の考えていることがわからないという場合には、そこに注目してみてみましょう。

■手をつないだ時の位置で、彼の恋愛心理がわかる

彼とデートをしている時に、あなたにどんな風に触れるでしょうか?
それで、彼との関係や彼の考えていることがわかるかも!?

たとえば、手をつなぐ。
カップルとしては非常にわかりやすい、ベタなスキンシップですよね。

ちなみに、彼とあなたはどのように並んで歩いているでしょうか?
彼の利き手が右だとします。

この彼と歩いている時に、男性が右側にいるとしましょう。
その彼は、左手をあなたとつないで右手はフリーの状態です。

このスタイルは、女性を守りたいタイプの男性がいざという時に彼女のことを守れるようにしているという説もあります。

つまり、彼氏が右側にいるならあなたを守りたいタイプ、左側にいるならあなたに守られたいタイプと言えるかもしれません。

 

■スキンシップがない人は…ここで手をつないでみよう

スキンシップがないことで悩んでいる人は、まず手をつなぐタイミングを考えてデートを提案してみましょう。

スポンサーリンク

手をつなぎやすい、腕を組みやすい場所でデートをすることがオススメです。

たとえば、人混みが多いようなデート場所です。
お祭りやイベント、野外コンサートなど人でごったがえしているような場所ならば、自然と手をつなぎやすいはず。

女性から手をつないでも不自然ではありません。

また、彼氏は何度か来ているけれどあなたは初めての場所に連れて行ってもらうのもいいかもしれません。
不安そうにして手をつないでもらう、ということが可能です。

つまり、スキンシップをするころでリードをしてもらうのです。
さらに、暗がりでのデートもいいでしょう。

もちろん、夜景を見に出かける、花火大会に行くというデートもいいですが、プラネタリウムや水族館、雰囲気のあるバーなどもいいかもしれません。

ただし、スキンシップが盛り上がりすぎて彼をときめかせすぎないように気をつけましょう。

一番わかりやすく仲が深まるのは、アウトドアデートです。登山やハイキングなど、体力を使うデートではスキンシップは自然と生まれるもの。心の距離も縮まります。

男性として頼れる部分が見えたり、反対に気遣いを見せられたりもするうえに、デートとして楽しめること間違いなしです。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ