女子力アップ

大好きな彼と、マンネリにならないためにしておきたいこと

彼とマンネリにならないためにしたいこと

大好きな彼とお付き合いすることができたなら、頑張って長く付き合い続けたいもの。

しかし、なかにはモテないわけではないのに、男性からすぐにフラれてしまうという女性もいるかもしれません。 こういう女性にとって、「彼と長く付き合い続けられる理由がわからない」ということもあるでしょう。

それでは、どうやったら彼からの愛情度を下げることなく、交際を長続きさせることができるのでしょうか。

 

■マンネリを感じさせないように努力する

やはり、カップルにとって致命的な障害となるのが「マンネリ」です。 これは、長く付き合っているカップルだけに生まれるものではありません。 付き合い始めてすぐのカップルにも、マンネリは生まれてしまいがち。 これはやはり、「いつも同じような格好で、いつもと同じようなデートをしている」と起こりがちです。

たまには、旅行に出かけてみる。 初めて出かける場所にデートに行ってみるのもいいでしょう。 また、服装なども普段着なれているものだけでなく、彼の好みのブランドやデザイン、カラーなどを選んでみましょう。いつもスニーカーだったならば、たまにはヒールを履いてみるのもオススメです。

お互いに「空気みたい」「居心地がいい」からと言って、「いてもいなくてもどっちでもいい関係」にまでならないように注意すべきでしょう。

また、彼がいつも同じようなデートばかりをしたがる場合には、あなたなりに演出を考えてみるのもいいでしょう。 毎回家デートでも、工夫をして彼を飽きさせないようにするという姿勢が大切です。

 

■「してもらって当然」と思うのはやめる

付き合い始めると、付き合う前にはあった感謝の気持ちが失われがちになると言われています。 「してくれて当たり前」「やってくれて当たり前」と思うようになってはいけません。 できれば、こまめに「送ってくれてありがとう」「この間、あれをやってくれて助かったよ。ありがとう」などと話しかけてみるべきでしょう。

こういう感謝の気持ちを口にするのは気恥ずかしいものですが、彼にとっては何より嬉しい言葉となるはずです。 感謝してくれるのならば、これくらいのこと、いつでもやってあげるよ!という気持ちになってくれることでしょう。

デートの後にメールで「今日は付き合ってくれてありがとう」と送るだけでもいいのです。 さりげないタイミングで彼に自分の気持ちを伝えましょう。

 

スポンサーリンク

■努力を怠らないようにする

付き合い始めると、気が抜けてしまってファッションやメイクに手抜きをしてしまうこともあるでしょう。 オシャレだけれど胸元やウエストを締め付けるワンピース、つま先に負担のかかるヒールなどは、だんだんと彼とお付き合いする時期が進んでくると避けたくなってしまうアイテムのひとつ。

メイクも最初はフルメイクだったのに、途中からポイントメイクだけになってしまう、もしくはすっぴんになってしまうこともあるでしょう。 さらに、ムダ毛の処理などを怠るようになったり、ネイルもちょっと剥げた状態で彼とデートするようになったり……なんてことになっていませんか?

こんな感じでは、彼にとって異性として見られない……なんて思われるようになってしまってもしようがありません。 いつも、彼のためにとっておきの自分でいたい、そういう気持ちを見え隠れさせている女性のほうが男性にとっても魅力的です。

付き合えているという事実に甘えずに、いつもベストな自分を見せられるように心がけましょう。

 

■必要以上に自分をよく見せようとしない

彼と付き合う前に、自分をよく見せすぎていませんか。 本当はそんなことをしないのに「毎日料理を作ってるの。得意なのよ」「家は毎日ピカピカなの」というように自分をよく見せようと嘘をついてしまう人もいます。

また、付き合う前には猫をかぶっていて自分を可愛く見せようとしたり、彼に言いたいことがあってもぐっとこらえてしまっていたりしていた場合には、付き合い始めてから急に「性格がきつくなったね」なんて思われてしまうようです。 最初から、本当の自分で勝負したほうがいい場合もあるのです。

 

■許せること・許せないことを決める

彼について、許せることと許せないことを決めておきましょう。 あれも許せない、これも嫌だと彼のことを否定し続けていると、彼からウンザリされてしまうかも。 たとえば、束縛して全部の行動を禁じてしまうような彼女は、彼にとって交際はマイナスにしかなり得ません。

たとえば、女の子と飲み会に行くのはいいけれど、二人きりでデートはしないでね、というように、ルールを決めておくことが大事です。

 

■譲るところは譲る

男性にとって、プライドをつぶされるのは何より嫌なもの。 ですから、たまには譲ることも大事です。 彼がもしも頼りにならないようなタイプでも、たまには彼に頼ってあげることも大事です。

 

■彼のプライベートに干渉しすぎない

彼にも、自分ひとりで息抜きできるような時間を持たせてあげるべきです。 いつも一緒にいたいという気持ちもわかりますが、交際を長続きさせたいのならば彼の時間、自分の時間も持つようにしましょう。

そうしてあげることで、彼もあなたに会った時にマンネリ感などを抱かなくなることでしょう。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ