女子力アップ

アラサーになったら、年下男子も恋愛候補に入れてみよう! タイプ別年下男子の攻略法

なかなか結婚できないし、恋人も見つからない。

同世代の男性は結婚しているか、恋愛するにはチョット…というタイプ。

そういう悩みを抱えている女性は、年下男子と恋をしてみてはどうでしょうか?

「今まで付き合った人は全員年上」という女性も多いかもしれませんが、年下男子には年上にはない魅力がたくさんあります。

また、年上の女性が好きだ、年齢は気にしないという男性も少なからずいるようです。

それでは、年下男子にどのようにアプローチすれば恋に発展しやすくなるのでしょうか?

年下男子

■マジメでおとなしい年下男子は、根気強く気持ちを伝えよう

マジメでおとなしい、いわゆる草食男子。

こういう男性は、ある程度アプローチしてくれる女性のほうが楽だという場合もあります。

色仕掛けや恋の駆け引きなどは逆効果になることがありますから、やりすぎないこと。

また、他の男性にもいいような顔をしていると、「誰でもいいのかな」とすぐに思われてしまうので注意しましょう。

できるだけ話しかけたり、フォローをしたりなど交流を持つようにしたら良いかと思います。

まずは友好的に感じてもらえるように努力をすることが大事です。

ただし、面倒を見すぎて「お母さん」にならないようにしましょう!

 

■理想が高いが故に彼女がいない年下男子には、積極性を欠かさない!

素直な草食系男子もいれば、恋愛に対して高い理想を持っているが故の草食男子もいます。

そういう男性は、かなり女性に対して厳しい意見を持っています。

スポンサーリンク

「モテないんでしょ」なんて姿勢で接したら、プライドを傷つけてしまうかも。

おとなしいからといって、簡単に落とせるなんてことはありません。

しかしながら、女性に厳しい意見をぶつける男性は、女性から距離をおかれがちです。

そういう男性にとって、意見をぶつけてもへこたれない、それどころかニコニコ話を聞いてくれる女性の存在は貴重かもしれません。

できるだけ彼の好みを知るようにして、話の共通点を増やしていくようにしましょう。

そして、自分自身を高めることを忘れずに!

仕事でもプライベートでも、サボリを見逃さないタイプのカレです。

ですが、それだけお互いに高め合う関係になれるかもしれませんね!

 

■とにかく消極的な年下男子は、肯定してあげよう

恋愛に慣れていない年下男子は、自信がない人が多いようです。

とにかく、彼を肯定してあげることが大事です。

とはいえ、コンプレックスがある人に対して適当な誉め言葉をぶつけるのはやめましょう。

「優しいね」「一緒にいると落ち着くな」「話が面白いね」などと、こまめに言ってあげましょう。

同世代や年下女子にはないような魅力を感じさせてあげましょう!

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ