女子力アップ

なぜ?どうして?「好き」「愛してる」と言ってくれない彼の男性心理

彼氏に対する不満、1つや2つはあるものです。

「浮気された」「気分屋で、気に入らないことがあると荒れる」といった不満もあるかもしれませんが、気になるのが「付き合っているのに、『好き』『愛してる』と言ってくれない」という不満です。

私のこと好きなのに、どうして好きって言ってくれないの? こういう悩みを持っている人もいるのではないでしょうか?

そこには、ある男性心理が隠れているみたいです。

好きって言ってくれない男性

■女性と男性の「恋愛心理」の違いって?

女性は、愛情を言葉にして表現してほしい性質があるようです。 だから「好き」「愛している」と言ってほしいし、「付き合ってほしい」と言われてから付き合い始めたいという気持ちがあるのです。

ですが、男性は愛情を言葉ではなく、行動で出せばいいと思っているのです。

男性は、女性に態度で好意を示しています。 だからこそ「言葉にしなくても、俺の気持ちがわかるでしょう」ということなのでしょう。

つまり、言葉で「好き」というよりも、デートに行って一緒に食事をしたりした、その事実で愛情表現がなされていると思っているのです。

 

■シャイな男性も多い

やはり「好き」というのが気恥ずかしいという男性も多いようです。 「好き」なんていくらでも言えるよ、という男性もいますから、そういうタイプの人と比較すると女性も物足りなく思うのかもしれません。

だからこそ、行動に好意を込めているのかもしれないですね。 また、「言わなくてもわかるでしょう」と構えている男性も多いようです。 これは、女性を信頼しているからこそとも考えられます。

恋愛をしている最中に、男性は自分の本当の気持ちや望みを女性に言わないことのほうが多いでしょう。

 

■「好き」と言わない彼氏、どうすればいい?

まずは、あなたの正直な気持ちを伝えてみましょう。 「私のことが好きなのか、言葉にしてくれないと少し不安だな」と伝えるのです。

「好きって言ってよ」だけでは、彼もいささか乱暴だと思うようです。

「あなたをどんなところにでも迎えに来てくれる」「大事にしてくれている」ことが充分に態度でわかるのならば、それをまず理解していることを述べましょう。

「愛してくれているのはよくわかるけれど、それでも言葉で好意を聞きたい」と言いましょう。

ただし、彼の性格からして絶対に言わないような人ならば、無理強いをしないこと。

諦めたほうがいいかもしれません。 その代わりに、自分から彼の好意をくみ取るようにしていきましょう。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ