女子力アップ

あなたの彼はどれ?彼の『兄弟・姉妹構成』でわかる恋愛タイプの見分け方

恋愛の相性って、意外といろんなもので判断できるそうですね。 たとえば、「兄弟構成」なんかも、相手の恋愛パターンを読み解くのにイイそうです。

長男、次男、末っ子、ひとりっこ……あなたの彼は、果たしてどれに当てはまるでしょうか?

兄弟

■長男のカレは、おとなしめで隠れ甘えんぼうが多い

長男の男性は、しっかり者のタイプが多いそうです。 いつもその役割を求められてきているため、皆の前ではしっかりしているけれど、2人になったら甘えてくるタイプかも。

また、自分で会話をリードするよりも、相手の話を聞くのが好きだという人も多いそうです。 子供の頃から、弟や妹の話を聞くことが多かったからでしょうか。

基本的には、アピールに弱い人が多いようです。 自分からガンガン行く人もいるでしょうが、相手から「好き!」「付き合って!」と言われて落ちてしまう人も多いそうです。

積極的というよりは消極的なタイプの人のほうが多く、他人の意見を気にするところもあります。 自分の意見を推し進めるというよりは、相手の顔色を窺いながら話を進めていくタイプのようです。

親を大切にしている人も多いので、その親の考え方に影響を受けていることもあります。 両親の期待通りに成長しているので、手堅い職業や仕事、女性を好むでしょう。

ただし、親御さんが破天荒な場合には、型破りな男性に成長していることもあるようです。

 

■中間子は恋愛上手だが、飽きっぽいかも

中間子とは、上と下に兄弟や姉妹がいる人のことです。

このタイプの男性は、恋愛が長く続きにくく、飽きやすい傾向にあるそうです。 恋愛に限らず、好きなことがめまぐるしく変わるタイプです。 いいように言えば、いろんなことに挑戦できる余裕のある人間でしょう。

女性に上手に甘えることもできますし、甘えさせることもできる器用な人が多いそうです。

飽きやすいとはいえ、恋愛に積極的な人もたくさんいるとのこと。 特に兄や姉の恋愛を見て育ってきている上に、末っ子ではないので親に干渉されることも少なく、精神的に余裕があるのでしょう。

外見だけでなく、女性の内面を見ることに長けている人もいるようですが、たくさんの兄弟にもまれて育っているので、負けん気が強く口喧嘩に強い人も少なくないそうです。 長男に比べると、恋愛に溺れたりだまされたりする人は少ないと言われています。

スポンサーリンク

 

■末っ子の男性がワガママだけど、明るくて楽しい

末っ子の男性は愛され気質です。 ただし、性格や外見から、あまりそう思われない人もいるでしょう。 ですが、親から大切に育てられている方の場合には、自己愛が強いこともあります。

ですから、生意気だったり、謙虚さがなかったりする人もいるそうです。 女性に対して、上から目線で接してくる人もいるかもしれません。 とはいえ、天真爛漫な人も多いので、明るく楽しいお付き合いができるという意見もあります。

なぜか嘘をつくのが苦手らしい、という意見もありますから、浮気をしてもすぐわかってしまうかも!?

長男や次男がエリートで彼がそうではないという場合には、コンプレックスに要注意です。 実はコンプレックスが酷く、それが彼女に向かって噴出することがあるからです。 他の男性への嫉妬心をむき出しにしたり、束縛されたりすることもあるかもしれません。

ついでに、末っ子は要領がいい男性ということでも知られています。 それがいい方向に向かえば楽しくお付き合いできるでしょうが、女性から見てもちょっとズルイ、いいとこどりばかりだと感じてしまうこともあるかも。

 

■ひとりっこの男性は、冷静沈着だけどワガママ

ひとりっこの男性は、冷静なタイプが多いそうです。 気のおもむくままに行動するよりは、まず考えてから動く人のようですね。

頼れる姉御系の女性か、かわいらしい妹のような女性のどちらかを好むという意見があります。

ひとりっこ男性の特徴は、「あきらめるのが早い」「自分の気持ちを表に出すのが苦手」「寂しがりや」「自分ひとりの時間を作るのがうまい」というもの。 自分からどんどん相手を落とすために動くタイプではなく、あきらめも早い方です。

「この子、俺のことを好きじゃないのかも」という場合には、すぐに引いてしまう人もいるそうです。

人の気持ちに気が付きにくく、自分の気持ちをはっきり言うのも苦手だそうです。

よく「あなたが何を考えているのかわからない」「どうしてそんなことが平気で言えるのかわからない」ということで喧嘩をするカップルはいますが、このような喧嘩になりがちなのがひとりっこ男性です。

女性に甘えたいと思いつつ、自分の時間も欲しいタイプの男性も多いとされています。 ワイワイ遊ぶのも好きですが、寂しがり屋で「もう帰っちゃうの?」「もっと一緒にいたいな」と急に甘えてくる人もいるそうです。

その代わりに、自分ひとりの趣味の時間も持ちたい、仕事もやりたいというタイプみたいですね。 いわゆるワガママな男性も多いようですが、これを「カワイイ」と思えるかがお付き合いできるかの鍵です。

 

さて、あなたの彼は当てはまりましたか??

 

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ