女子力アップ

言ってはいけない!彼を怒らせるNGフレーズ

女性が何気なく言っている一言でも、男性をイライラさせていることは多いそう。

彼氏と上手に付き合いたい、好きな彼に素敵な女の子だと思ってほしいのならば、彼の前でこんな言葉を口にしないほうがいいかもしれません。

彼を怒らせるのでいってはいけない

■こんな言葉を口にしないほうがいいかも……??

・「好きって言ってよ」

男性は口下手な人が多いのに対し、女性は言葉を求めたがる生き物だそうです。だからなのか、女性は男性に「好きって言ってくれなきゃ、愛情が伝わらない」「愛しているって言ってほしい」と言うようです。でも、それが男性にとっては耐えられないほど面倒くさい行為に感じられることもあるかもしれません。 強制した言葉には、あまり意味がないかもしれませんね。

・「私の好きなところって、どこ?」

この手の質問にウンザリしているという男性もいます。 「私の好きなところを言ってみて」と言って、延々と長所を挙げ続けてくれる男性もいるかもしれません。しかし、「そんなこと、わざわざ全部言わなきゃいけないの?」なんて思う人もいるかもしれないのです。 彼を圧迫しないように気を付けましょう。

・「お腹すいた」

よく食べる女の子はかわいらしいとも言われていますが、しょっちゅう「お腹減った」「何か食べたい」と言われているようでは、男性もウンザリしてしまいます。 あまりにしつこくこの言葉を繰り返していると「食べすぎじゃない」と彼に言われてしまうかも。 また、「自分で勝手に食べればいいじゃん」という答えが返ってきてしまう可能性もあります。 食べ物をおいしそうに頬張っている女の子はかわいいですが、食べ物ばかり貪っている女の子はかわいいとは思われにくいかもしれないですね。

スポンサーリンク

・「○○に連れていって」「どこかに行きたい」

忙しい彼に「デートしたいアピール」は有効なこともありますが、男性にとってプレッシャーになることもあります。「忙しかったから、今日は寝ていたい」「休んでゆっくりしたい」という時もあります。 それなのに「あそこに出かけたい」と熱望しすぎると、面倒くさい女だと思われてしまうかも。 してもらうことではなく、してあげることを考えてあげたほうがいいかもしれません。

・「これ買ってよ!」

男性だって、プレゼントをしたくないわけではありません。ですが自分の経済状態もありますし、そんな彼にワガママを言うのはできる女がすることではありません。 また、彼のお給料を自分のもののように扱い、自分の給料はそのまま懐へ……というやり方をしていると、彼の不満が爆発してしまうかも。 自分が理想のプレゼントをもらいたいのならば、それに見合うだけの女になる必要があるでしょう。

・「○○くんは、そういうことしないよ」

今までに付き合った彼氏や、彼の友人、自分の男友達と彼を比較すると、彼も不満が募ってきてしまうそうです。 他の男性のほうが優しい、他の男性のほうが気前がいい、他の男性のほうが男らしい……自分が他の女性と比べられたら、やっぱり不快なはず。自分がされたら嫌なことは、他の男性にもしないことを心がけましょう。

 ・「私ってバカだし~」

こういうことをたびたび口にして、彼に自分の態度を許してもらおうとする女性もいるようです。 ですが、それが免罪符になるとは限りません。ノリがいい彼氏なら「うんうん、そういうところがある女の子も素敵だよね!」と言ってくれるかもしれませんが、正反対の彼氏ならば「だから?」「それが言い訳?」なんて詰め寄られてしまうかもしれないのです。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ