女子力アップ

男性を勘違いさせるしぐさから卒業して、『無駄モテ』しない!

男性を勘違いさせるしぐさ

好きでもない男性からしつこくされてしまい、ウンザリした経験をしたことがあるという女性も少なくないのではないでしょうか?

ですが、男性のことを勘違いさせるような行動をとっているという可能性もあります。

というのも、女性にとっては自然な行動のつもりでも、男性にとってはドキドキさせられる言動だったりしぐさだったりすることもあるのです。

そういうことにならないよう、女性側からしてもどういうことに気を付ければ、好きではない男性に気を持たせるなんてことにならずにすむのでしょうか?

 

■二人きりの食事に誘われてOKするのはNG!?

付き合っていない男性から、「ちょっと今日、ご飯を食べに行こうよ」なんて誘われた時。 気軽にOKすると、後から告白を断った時に「でも、食事には一緒に行ってくれたじゃない」なんて言われてしまうかもしれません。 女性からすると「男友達もたくさんいるし、そこまで重く考えなかった」「ただの食事じゃない」「お互いのことをもっと知りたかったから」なんていう理由から誘いを受けているのでしょうが、男性側は「デートだ、デートだ!」と浮かれている可能性もあります。 恋愛対象になりたくない人から食事に誘われたら、食事の場で彼氏や好きな人の話を具体的にして、自分がシングルではない・もしくは他に好きな人がいることを強調しておきましょう。

 

■二人きりの食事に誘うのはNG!

男性から食事に誘われてOKしたら「俺のことを好きなのか?」と勘違いされてしまった人もいれば、自分から食事に誘って勘違いされてしまう人もいます。 嫌いな男性を飲みや食事に誘う人もいないでしょうが、かといってそこに恋愛感情があるかというと難しいものです。 「飲み仲間として、交流を持ちたかった」「仕事で相談したいことがあった」「ただ単に酒が飲みたかったけれど、一人だと気が引けて」など、いろんな理由があるでしょう。 もしかして恋愛感情を持たれたと勘違いしている?と思ったら、友達を途中から呼ぶ、そういうムードが感じられない飲み屋を選ぶ、帰りの時間は自分から言い出してさっさと帰宅する、など気を付けましょう。

 

■ボディタッチするのはNG!

会話が盛り上がっている時に、ついつい相手の体をポンと触ってしまうことがあります。 大笑いしている時に、相手の肩を叩いたり、腕を触ったり。 誰でもやりがちな行為ですよね。 ですが、こういう態度は相手を勘違いさせてしまいやすいもの。 本当に好きな人なら別ですが、そうでない相手に気安く触るのは避けたほうがいいでしょう。

スポンサーリンク

 

■毎日のように帰り道を一緒に帰るのはNG!

たまたま帰り道が一緒だから、「一緒に帰ろうよ!」なんて誘うのは、もしかしたら彼に気を持たしているのかも。 女性側からすると「別に意味はない」「同じ方向で一緒に帰らないのも変だから」などという意見が大多数でしょうが、男性側からすると「わざわざ誘ってくれたんだから、俺に好意があるはず」「一緒に帰りたいってことは、それだけ仲良くなりたいってことなんじゃないの?」という意見が多いようです。 ただ、「好かれたら困るんで、一緒に帰りたくありません!」なんて男性に言うのもNGですよね。 こういう場合には、帰りたい時にはサッと一人で帰宅してしまう、もしくは一緒に帰っていても「今日は寄るところがあるので」と途中で行動を別にするなどして、『二人で一緒に変える』ことが日常にならないように工夫してみましょう。

 

■自宅に誘うのはNG!

これは、恋愛経験があまりない女性がやりがちかもしれません。 女友達にするのも同じような感覚で「ウチでお茶でも飲んでいく?」と聞くと、男性は絶対にドギマギしてしまいます。 「何かしていいってこと?」「もしかして、今日は俺と朝まで一緒にいたいのかな?」なんて勘違いしている男性を、家に入れた後に「そんなつもりはなかったんだけど」と説得するのは大変です。 自分は単に男性に見せたいものがあった、軽い気持ちでお茶に誘ったというつもりでも、男性の一般常識からするとそういう考えはなかなか通用しないようです。 できれば、男性を家に入れる時には他の友人も一緒に招く、そういう気持ちがないことを明言しておくなど気を付けておけばいいかもしれません。

 

■何の用事もないのに電話をするのはNG!

夜、もしくは深夜に、男性に突然電話を変えて「今、暇だったから電話しちゃった」「特に用事はなかったんだけど、何してるかなと思って」と言う女性がいます。 たいした意味がなかったとしても、これは男性にとっては「俺の声が聞きたい=俺のことが好きだってことかな!?」と思ってしまうもの。 たいしたことがないと思っても、客観的に見たらどうでしょうか? メールも同様です。 「寂しくなっちゃった~」などとメールをするのは、いくらなんでも相手の気持ちを考えなさすぎだとも言えるでしょう。 シングルの男性にメールをする場合、仲良くならないと勘違いさせてしまう可能性があることを知っておきましょう。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ