女子力アップ

恋愛の鬼門「付き合って3ヵ月」をスムーズに乗り越える方法

kenntaiki

恋愛において、タブーとされる数字があるそうです。それが「3」。

それはなぜかと言うと「3」という数字は、恋愛において“マンネリ”を意識させる数字だからだそう。

交際してから「3ヵ月」、「3年」というのは、カップルにとって鬼門だそうです。

この「3」を乗り越えてこそ真のカップルとも言えるようですが、そうもうまくはいきませんよね。

それでは、付き合ってからマンネリを意識し始める「3」ヵ月目は、どうやったら乗り越えることができるのでしょうか?

■必ず訪れる「倦怠期」。どうすれば克服できるの?

交際したばかりの時には、やはりどちらもウキウキして楽しく過ごせるもの。

ですが、だんだんとデートが「おなじみのコース」「いつもの服」「見慣れたメイク」になってしまうと、だんだんとときめきも収まってきてしまいます。

これは、誰が悪いというわけでもありません。倦怠期は、「嫌いになる」「相手と別れたくなる」というものではないのです。

ただ、その状況に慣れてきてしまっているだけ。ただし、「彼氏のことを好きで付き合っているのに、ドキドキしなくなるなんて自分がおかしいんだ」なんて、自らを責める人もいるようですね。

それでは、いけません!これは誰にでも起こることなのです。

スポンサーリンク

最初はサプライズだらけだったデートも、普通のものになってしまう。会うだけで嬉しかったデートが、あんまり盛り上がらなくなってくる。その変化に気持ちがついていかず、会話も減り、ギクシャクしてくることもあるかもしれません。

脳内に分泌されている、恋愛をする時に出るとされる快感物質も、だんだんと交際を重ねるにつれて減ってくるともされています。

相手に慣れてきてしまうのは、当然のこととも言えるのです。

■相手の嫌な面が見えてくることもある

付き合って3ヵ月。恋する気持ちがだんだんと冷静になって、今まで気が付かないようにしていた相手の嫌な面、欠点が見えてくるかもしれません。

「この人、優しいけれど女の子には誰にも優しいのね」「お金をケチらずにおごってくれるけれど、もしかして浪費家なんじゃないの」

なんて、気が付いてしまうことも多いでしょう。それも仕方がないことなのです。

■男女の気持ちに、なぜすれ違いが生まれるの?

しかし、この「3ヵ月目」のジンクスは、男女共通で起こらないこともあります。

男性はむしろ、だんだんとあなたに心を許している時期とも言えるかもしれません。「彼女はもう俺のものだ」と気持ちを許して、逆に他の女の子に目がうつったりしているかも!?

反対に、女性は「今まで通り、私のことを愛してくれたり、誉めてくれたり、好きにさせてくれなきゃイヤ!」と思っています。

男性がだんだんとあなたのルックスを誉めなくなってきたり、「好きだよ」という言葉を口にしなくなる。

このように、だんだんとお互いの気持ちがすれ違い始めるのが3ヵ月目というわけでしょう。

■ドキドキをキープするには、どうしたらいいの?

たとえば、今までに行ったことのない場所にデートに行ってみたり、旅行に出かけてみたりしましょう。新鮮なデートは、2人の関係をよりキラキラしたものに保ってくれます。

また、いつもベタベタしている関係はいいかげんに卒業すること。

たまにはお互いの趣味に没頭したり、友人と過ごしたりもしてみましょう。そうすることで相手の大切さにも気付けます。

特に、彼を束縛しすぎないこと。

浮気癖があまりにひどいなら別ですが、彼を縛り付けすぎると、「自分は信頼されていないのかな」なんて思わせてしまいそうです。我慢をしたりさせたりするのは、いいことではありません。

お互いに気持ちがいい関係を続けられるようにすることが、関係を長続きさせる秘訣かもしれません!

スポンサーリンク

倦怠期をむかえないためにもマンネリにならないためにしておきたいこと

大好きな彼とお付き合いすることができたなら、頑張って長く付き合い続けたいものです。

しかし、なかにはモテないわけではないのに、男性からフラれてしまうという女性もいるかもしれません。こういう女性にとって、「彼と長く付き合い続けられる理由がわからない」ということもあるでしょう。

それでは、どうやったら彼からの愛情度を下げることなく、マンネリにならないお付き合いができるのでしょうか。

■倦怠期=マンネリ?を感じさせないように努力する

やはり、カップルにとって致命的な障害となるのが「マンネリ」です。これは、長く付き合っているカップルだけに生まれるものではありません。

付き合い始めてすぐのカップルにも、マンネリは生まれてしまいがち。 これはやはり、「いつも同じような格好で、いつもと同じようなデートをしている」と起こりがちです。

たまには、旅行に出かけてみる。初めて出かける場所にデートに行ってみるのもいいでしょう。

また、服装なども普段着なれているものだけでなく、彼の好みのブランドやデザイン、カラーなどを選んでみましょう。いつもスニーカーだったならば、たまにはヒールを履いてみるのもオススメです。

お互いに「空気みたい」「居心地がいい」からと言って、「いてもいなくてもどっちでもいい関係」にまでならないように注意すべきでしょう。

また、彼がいつも同じようなデートばかりをしたがる場合には、あなたなりに演出を考えてみるのもいいでしょう。毎回家デートでも、工夫をして彼を飽きさせないようにするという姿勢が大切です。

■「してもらって当然」と思うのはやめる

付き合い始めると、付き合う前にはあった感謝の気持ちが失われがちになると言われています。「してくれて当たり前」「やってくれて当たり前」と思うようになってはいけません。

できれば、こまめに「送ってくれてありがとう」「この間、あれをやってくれて助かったよ。ありがとう」などと話しかけてみるべきでしょう。

こういう感謝の気持ちを口にするのは気恥ずかしいものですが、「ありがとう」は彼にとっては何より嬉しい言葉となるはずです。感謝してくれるのならば、これくらいのこと、いつでもやってあげるよ!という気持ちになってくれることでしょう。

デートの後にメールで「今日は付き合ってくれてありがとう」と送るだけでもいいのです。さりげないタイミングで彼に自分の気持ちを伝えましょう。

■努力を怠らないようにする

付き合い始めると、気が抜けてしまってファッションやメイクに手抜きをしてしまうこともあるでしょう。

オシャレだけれど胸元やウエストを締め付けるワンピース、つま先に負担のかかるヒールなどは、だんだんと彼とお付き合いする時期が進んでくると避けたくなってしまうアイテムのひとつ。

メイクも最初はフルメイクだったのに、途中からポイントメイクだけになってしまう、もしくはすっぴんになってしまうこともあるでしょう。

さらに、ムダ毛の処理などを怠るようになったり、ネイルもちょっと剥げた状態で彼とデートするようになったり……なんてことになっていませんか?

こんな感じでは、彼にとって異性として見られない……なんて思われるようになってしまってもしようがありません。いつも、彼のためにとっておきの自分でいたい、そういう気持ちを見え隠れさせている女性のほうが男性にとっても魅力的です。

付き合えているという事実に甘えずに、いつもベストな自分を見せられるように心がけましょう。

■必要以上に自分をよく見せようとしない

彼と付き合う前に、自分をよく見せすぎていませんか。本当はそんなことをしないのに「毎日料理を作ってるの。得意なのよ」「家は毎日ピカピカなの」というように自分をよく見せようと嘘をついてしまう人もいます。

また、付き合う前には猫をかぶっていて自分を可愛く見せようとしたり、彼に言いたいことがあってもぐっとこらえてしまっていたりしていた場合には、付き合い始めてから急に「性格がきつくなったね」なんて思われてしまうようです。

最初から、本当の自分で勝負したほうがいい場合もあるのです。

■許せること・許せないことを決める

彼について、許せることと許せないことを決めておきましょう。あれも許せない、これも嫌だと彼のことを否定し続けていると、彼からウンザリされてしまうかも。

たとえば、束縛して全部の行動を禁じてしまうような彼女は、彼にとって交際はマイナスにしかなり得ません。

たとえば、女の子と飲み会に行くのはいいけれど、二人きりでデートはしないでね、というように、ルールを決めておくことが大事です。

■譲るところは譲る

男性にとって、プライドをつぶされるのは何より嫌なもの。ですから、たまには譲ることも大事です。彼がもしも頼りにならないようなタイプでも、たまには彼に頼ってあげることも大事です。

■彼のプライベートに干渉しすぎない

彼にも、自分ひとりで息抜きできるような時間を持たせてあげるべきです。いつも一緒にいたいという気持ちもわかりますが、交際を長続きさせたいのならば彼の時間、自分の時間も持つようにしましょう。

そうすることで、あなたに会った時にマンネリ感などを抱かなくなることでしょう。倦怠期をむかえることもなくずっと長くお付き合いできる可能性が高くなるはずです。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ