女子力アップ

恋人ができない女性が陥りがちな、4つの『泥沼』とは

彼氏いない歴、数年…これからもできる気配なし!

他の友達は彼氏と楽しくデートしているのに、なぜ私だけ…?

そんな時には、もしかしたらあなたは「やってはいけないこと」にズブズブとのめりこんでいるのかもしれませんね。

それでは、アラサーで彼氏ができない女性が陥りがちな『泥沼』とは、どんなものがあるのでしょうか?

恋愛の泥沼

■“セカンド”泥沼

好きで好きで、仕方がない彼。
でも、彼には本命の彼女がいて…彼とデートをしたり、お泊まりをしたりすることはあったけれど、これでは相手のことを恋人とは呼びにくいもの。

「いつか別れてくれるって言ってるし…」なんて言っている間に、どんどん年をとってしまいます。
その男性に固執することなく、新しい人にも目を向けるようにしましょう!

 

■“引きこもり”泥沼

就職して数年経つと、日常生活が本当のルーティンワークのようになってしまいます。

同じ時間に仕事にいって、同じ女友達と遊んで、それ以外は家でダラダラ…。
これでは、素敵な男性との出会いなんて期待できません。

「寒いから」「面倒くさいから」「家にいるほうがいいから」などと言って家に引きこもっていても何にもいいことはないでしょう。

独身から卒業したいのならば、積極的に出会いを探すこと。
そして、「私、恋人を探しています!」と堂々と宣言すること。

新しいことに挑戦すれば、それだけ成長できます。

スポンサーリンク

 

■“ワンナイトラブ”泥沼

女性のなかには、ついついワンナイトラブに興じてしまう人もいるようです。
男性から誘われると断れない、スリルがたまらない、駆け引きが好き…こういう恋を好んでいると、なかなか幸せになれないものです。

「他の女性にとられる前に、既成事実を作ればいい!」と思っているのかもしれませんが、こういう態度では幸せを遠ざけてしまいます。
男性は、その女性と一度寝たくらいで付き合おうとは思いにくい性質を持っている人が多いようです。

もちろん、すぐに「付き合おう!」と言ってくる男性もいますが、レアケースです。
すぐに関係を持つクセはやめたほうがいいでしょう。

反対に、ずーっと手を出してこないような男性もあまりいいとは言えません。
もしかしたら、その陰に何かあるのかも?

半年以上、キスより先のことがない場合には、相手と話し合ったほうがよさそうですね。

■“ネガティブ”泥沼

ネガティブな女性は、本当にモテません。
「私なんて…」と自分にネガティブな女性はもちろん、「あの女、何よ!」「あいつ、ムカツク!」と他人を非難する女性も、とにかく人気が出ません。

友人を妬んだり、男性を信じないようなそぶりを見せるのも問題でしょう。
とにかく、ポジティブな考え方・言動をするようにしたほうが縁が巡ってくるでしょう。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ