女子力アップ

彼氏のことを傷付けてしまいかねない『ブスワード』

腕組をする女のひと

カッとなりやすく、恋人とつい口喧嘩をしてしまう。いくら後で反省しても、そういうことを繰り返してしまう女性がいるようです。

口がうまくて機転が早い女性はそれだけで好かれやすいですが、それが悪い方向に働くと付き合っている彼を傷付けてしまいかねません。

最悪の場合には、彼氏のプライドを傷付けてしまい別れることになってしまうかも。

そのなかでも、彼氏に絶対に言ってはいけない言葉はいくつもあります。

それでは、その「彼氏に向かって言ってはいけない言葉」とはどのようなものを指すのでしょうか?

■「男のくせに、だらしない!」

この「男のくせに」という言葉は要注意です。 同様の言葉に「男らしくない」などといった言葉があります。 男のくせにダメな人だ、男らしくないと言われてしまうと彼も立つ瀬がありません。

こういう言葉を無遠慮にぶつけてしまうと、彼を怒らせてしまうでしょう。

さらに「女々しい」「女が腐ったみたいな男」などと言うのも失敗です。

スポンサーリンク

■「あれだけ働いているわりに給料低いね」

給料の低さ、職業の不安定さなどを指摘されると、男性はキレやすいようです。 それは当然のことです。

「こんな仕事している人、私にふさわしくない」「もっとお金を稼いでいないと、結婚したくない」などと言う女性は、自分がどれほどの立場の人間か考えてみるべきではないでしょうか。

また、「あなたの実家、貧乏くさい」などと、家族をバカにするのもNGです。

■「あなたの友達、私は好きになれないわ」

ごくたまに彼氏はすごくいい人なのに、彼の友達とは相性が良くないということがあります。

特に彼が若い頃にやんちゃをしていたというタイプの男性であり、彼はそこから変わったのに彼の友人たちはまだそのままというパターンだとありがちなことかもしれません。

なかなか彼氏の友人と話が合わないと彼に愚痴をこぼしたかったのかもしれませんが、このことをストレートに伝えてしまうと「俺の友人が気に入らないのか!」と怒らせてしまう可能性があります。伝えるにしても言葉を選びたいものです。

■「どうしてそんなに残業しているの?もしかして、仕事ができないの?」

毎日忙しく仕事をしているような男性にとって、彼女の支えが救いになっているということもあります。ですが、その彼女から「仕事しすぎ。要領が悪いんじゃない?」などという言葉をかけられると、彼もショックが隠せないことでしょう。

こういう彼には「いつも仕事ご苦労様」「頑張っているあなたのことを、きっと会社もちゃんと評価してくれるよ」「でも、疲れた時にはいつでも私に相談してね」と、優しい言葉をかけてあげると喜ばれるのではないでしょうか。

■「ハゲてきてるよ!」「お腹、出すぎ!」「なんか、臭くない?」

コンプレックスを刺激するような言葉をぶつけられるのは、彼にとって何よりつらいものです。 特に年をとってハゲてきた、お腹が出てきたと、彼がそれを一番気にしているような場合には、あまりに無神経な言葉かもしれません。

ケンカをしている時に「うるさい、ハゲ!」「デブのくせに!」などと意見をぶつけると、彼も思わず口ごもってしまうはず。 ですがこれは、あまりにショックが大きいからです。

彼の悪口を言ったところで、その場で言い負かすことはできるかもしれませんが、そのまま彼との関係が終わってしまうかもしれません。

■「○○座の男って……」「○型の男とは、合わないと思っていたんだ」

女性が大好きな占いに影響される、固定概念から勝手に相手のことを悪く言う女性は、あまりよく思われない可能性があります。

「○○座の男性は、私と相性が悪いんだ」「○型の男ってルーズだから嫌い」なんてことを頻繁に言っていると、周囲からも痛い女の子扱いされてしまうかもしれません。

■「関西出身の男性って○○だよね」

星座や血液型と同じく出身地で相手のキャラクターを決めつけてしまう女の子もいるようです。 たとえば「関西の男の子って、皆面白いんでしょ!」なんていう決めつけは非常に迷惑なものでしょう。

関西の男性が、皆お笑い芸人のようにふるまえるということではありませんのでご注意を。

■「元カレはそういうことしなかった」

一番恋人がカチンとくる言葉。 それはやはり、元恋人にまつわるエピソードを話された時のようです。

女性にとっても、恋人が「俺の元カノはそんな態度をとらなかったな」「元カノとここにきたことがあるんだけど……」「元カノと付き合っていた時の話なんだけど……」と、何かある旅に前の恋人の話を出されたらゲンナリするでしょう。

これと同じことを、もしかしたら彼氏にしているのかもしれません。

彼のことを思っているのならば、元カレの話題は避けてあげたほうが無難です。

これらのワードを言わないようにするだけで口喧嘩の機会も減るかもしれません。 また、彼にとっても「話しやすい、相談しやすい彼女」になる可能性があります。 そんな彼女を目指して頑張りたいものですね。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ