女子力アップ

彼の女友達に嫉妬しない女になるための5つのステップ

ハンカチを噛む女性

つい彼のことが好きすぎて、やきもちをやいてしまう……こういうことって、誰でも経験があることだと思います。

ですが、行き過ぎたやきもちは男性もからも評判が悪いものです。 フラれてしまっても文句は言えません。自分ではやめたいのに、やきもちをやいてしまう女性は、どうしたらその気持ちから抜け出すことができるのでしょうか?

■嫉妬しないための方法

・嫉妬相手のことを見ないようにする、情報をシャットアウトする
嫉妬してしまうのは、つい目で追って見てしまうから。 見なければ嫉妬することもありません。できるだけ自分を抑えて、彼と別の女性が一緒にいるシーンを見ないようにしてみましょう。そうすれば嫉妬しないですみます。

ただし、まだ彼と付き合っておらず、恋のライバル状態の場合、もしくは彼があなたと付き合っているのに他の女性とイチャイチャしているならば、話は別。

しっかり彼を見張るのも大事です。 ただし、自分が束縛が激しいタイプだとわかっている場合には、なんとか我慢してみましょう。

・恋愛以外の趣味を見つける
いつも彼のことを考えているようでは、相手も重く感じられます。 他に趣味などを見つけて、彼のことばかり考えている時間を減らしたほうがいいでしょう。

そうすることで、嫉妬心も薄らぎますし、執着心も薄くなることでしょう。 手を動かす料理、体を動かすスポーツジム、頭を使う資格取得の勉強などがオススメです。

スポンサーリンク

・妄想をやめる
自分を押し殺して、彼を飲み会などに送り出しても「今頃、もしかして女の子と飲んでいるんじゃないか」「キャバクラに出かけているのでは?」「浮気しているのでは?」などと、モヤモヤしてしまう女性。

これは自分の精神力を削るような行為です。勝手に妄想をたくましくするのはやめたほうがいいでしょう。彼を疑って、勝手に嫌いになっても仕方がありません。 信じてあげることで、彼との関係も良好になるでしょう。

・嫉妬相手と友達になる
彼にベタベタして見えるような女の子を攻撃しても、何もいいことはありません。 もしかしたら、あなたが悪者に思われてしまう可能性も否定できないからです。

「彼に近付かないで!」「彼には私がふさわしいの!」「彼は私と付き合っているんだからね!」など、どれもあまり耳触りがいい言葉ではありません。

恋人と仲がいい異性とは、むしろ仲良くなったほうが手っ取り早いかも。仲良くなったら、彼の情報をさりげなく引き出すこともできるでしょう。

また、彼女が彼に恋心を持っている場合には、さりげなくラブラブぷりをアピールして牽制することができるでしょう。

・自分に自信を持つ
自分に自信がないあまりに、彼に嫉妬してしまう女性もいるようですね。「私は彼のことが好きなのに、彼はきっとこんな私のこと、好きなわけない……」という気持ちが、他の女性への攻撃心に転じてしまうパターンです。

他の女性と自分を比べるのを、まずやめましょう。彼と付き合っているのならば、彼を信じることも大事です。

しかし、彼本人から「あの子カワイイよな」「○○チャンと一緒にいると、いい匂いがするしドキドキしちゃうんだよな」なんて言葉が出てくるようでは、不安になるのも当然です。

そのようなことをよく口にする彼なら、冗談だったとしても傷付くよ、と控えてもらえるように話をしてみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ