女子力アップ

弄ばれる女は卒業します。その特徴と、どう変わればいいのかを探る。

落ち込み

気がつけば、いつも二股されている。 キープ扱いで、彼には本命の女の子がいる。 彼が自分の家に来るばかりで、どこにも連れて行ってもらえないし、正直カラダ目当てだと思う。 こういう女性は、つい同じような恋愛を繰り返してしまいがちです。

その理由は

・そういう男性が好きだから (そのような男性によくある「口がうまく、一緒にいて楽しい」「ルックスがいい」など、女好きする長所につい惹かれてしまう)

・言い寄ってくる男性につい心を許してしまう (恋愛ベタで、ついそういう恋をしてしまう)

というようなものが考えられるかと思います。

 

しかし、男性もあなたを「甘えさせてくれる」「自分の言うことを聞くはず」と、見抜いているのかもしれません。

それでは、男性に弄ばれやすい女性の特徴とは、どんなものがあるのでしょうか?

■見た目がだらしない

ナンパやキャッチの男性がよく声をかける女性の特徴は、ルックスやスタイルではありません。

もちろん、美人だったり胸が大きい人も声をかけられる確率はそれなりに高いようですが、やはり「だらしない」女性はナンパについていきやすく、騙されやすいという定説があるようです。

たとえば、靴が汚かったり、カカトがボロボロだったりする女性は「二股をかけてもOK」「すぐに体を許す」と思われているとのこと。 ブランドの洋服を着ているのにカバンが安っぽい、胸元がだらしなく見えているというような女性も同様です。

身なりは清潔に 、かつだらしなくない服装を心掛けましょう。

 

■「嫌だ」と言えない

頼まれるとNOと言えないといえば聞こえはいいですが、断れない女は弄ばれがちです。 相手の浮気やギャンブル、借金癖を嫌だと言えず、なあなあで済ましてしまっている。

これは、「嫌われたくないから」という心理から来ているのでしょうが、嫌だと言えない心当たりがあるならば、よほど付き合う男性を選ばないと、危険な目に遭うかもしれません。

 

■「してもらう」ことだけを考えている

いつも奉仕される側にいるばかりの女性は、男性からしても重くて面倒くさい存在です。 長く付き合ったり結婚するには向いていないし、一緒にデートしているだけでちょっとしんどい。

それは、彼をリードすることもなく、「あんたが男なんだから、女性にしてくれるのが当たり前よ」などと自分の考えを押し付けているからです。

してもらうことだけなく、「してあげる」ことを考えるようにしましょう。

 

■男性を条件でしか見ておらず、高望みしている

お金持ち、背が高い、イケメン、優しい、面白いなど、男性を条件で見ている人はたくさんいます。

スポンサーリンク

しかし、お金持ちでイケメンの男性を条件でしか見ていないのですから、相手も面白くありません。 男性の内面を見ているのならまだしも、お金目当て・顔目当ての女性なんて、スペックの高い男性にはウヨウヨと寄ってきているはずです。

そういう男性と関係を持てば、いつか本命の彼女になれるかも。 いい思いができるかもと思って、キープ扱いに甘んじている人もいるようです。

ですが、そんな恋愛の仕方では絶対に幸せになれません。

その人の内面にしても、「優しい」のはもしかしたらあなたのカラダ目当てかもしれません。 関係を持ったらその後はすぐに冷たくなり、また関係を持ちたい頃にころっと優しくなる……これは、本当の優しさとは言えません。

あなたのためにいろいろと時間を割いたり、よくはからってくれるような男性こそ真の“優しい男性”だと言えるでしょう。

 

それでは、弄ばれない女になる方法はあるのでしょうか?

 

■弄ばれない女になるには、こう変わろう!

・すぐに体を許さない

彼に求められても、出会ったその日に関係を持たないこと。 すぐに許してくれる女だって舐められたら終わりですよ!

・思いやりを持つ

自分の価値観がベストだと思わないこと。 一言「いつもありがとう」と添えるだけでも、彼は感激してしまうかもしれません。

・男性の内面を見る

ルックスや年収だけで男性を見るのはやめましょう。 男性だっていつかおじいちゃんになるし、ハゲたりシワシワになったりします。 さらに、年収だってずっと高いままでいられるかはわかりません。 あなたが病気になった時。辛い時や悲しい時。 そういう時に、優しくしてくれる男性を選びましょう。

 
さあ、自立した強い女を目指しましょう!

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ