女子力アップ

好きなのに素直になれない、そんな恋愛心理をどう克服するのか

好きなのに素直になれない

本当は好きなのに、他の人から噂にされたりからかわれたりすると、どうにも素直になれず「好きじゃない」と言ってしまう。

相手の反応が怖くて、好きという気持ちを出せない。 自分なんか……と思ってしまい、つい彼のことを避けてしまう。

こういう恋愛を繰り返してしまう人も少なくないのではないでしょうか? 女性だけでなく、男性にもこのように振る舞ってしまう人がいるようです。

こういう女性は、どうしたら自分らしい恋愛ができるようになるのでしょうか?


そして、こういう男性を好きになってしまったら、どうすれば恋を成就して幸せになれるのでしょうか?

 

■こういう態度を出してしまう人は、シャイな性格

やはり「好き」と素直に気持ちを出せない人は、シャイだという傾向にあるようです。

他の人に自分の気持ちを知られるのが恥ずかしい、ということなのかもしれません。 だからこそ、好きな人が自分のほうに近寄ってくると「ラッキー」という気持ちではなく「どうしよう、どううしよう」とパニックになってしまうようです。

自分のことを知られると嫌われてしまうのではないか、とネガティブに考えている人もいるのかもしれません。

変なことを言って嫌われてしまうかも? 相手と話している時に変な反応をして、不審がらせてしまうかも? という気持ちを抑えきれなくなってしまうようです。

 

■「好き」という気持ちを隠してしまう女性の傾向

好きという気持ちをストレートに表現できない女性は、おおまかにまとめてこういう傾向にあります。

自分に自信がない

臆病な性格で、男性に対して特にその傾向が強い

緊張しやすい

男性とあまり話したことがない、男性と触れ合うことのない環境で育ってきた

こういう性格の女性は、自分の恋愛に対しても否定的になる可能性があります。 自分に自信が持てるように仕事や趣味などで評価されるような環境を目指す、いろんな人と触れ合うようにして緊張をしないようにする、特に男性の友達を作るなどを目指しましょう。

スポンサーリンク

■好きなのに相手に冷たくしてしまう、どうしたらそれを直せるのか?

相手につい冷たくしてしまうという女性は、その気持ちの本位を男性に伝えるべきです。 相手に理解してもらえれば「なーんだ」という反応が返ってくるようなことですが、誤解されたままだと彼と付き合うことは難しいかもしれません。

男性と話そうとして照れてしまう、なんていうのは悪いことではないのです。 二人きりで話せるような場を設けたり、なるべく表情を柔和にしたりするなどして彼の反応を伺ってみましょう。

 

■気になる男性から、避けられてしまったら……

仲がいいのに、どことなく避けられているような気がする。 そういう気持ちを男性に感じたことがある女性も少なくありません。

こういう時に、男性の気持ちに踏み込んでいいのか、それとも引いたほうがいいのか悩んでしまう人もいるでしょう。

たとえば、目を合わせようとしているのにそらされてしまう。 話をしようとしても、無表情で反応がない。

こういう態度をとられているからといって、「嫌われてしまったのかも」と思うのは時期尚早です。 もしかしたら、彼は自分に自信がないあまり、あなたに気持ちをアピールするのが恥ずかしいと思っているのかもしれません。

こういう男性のなかには、周囲にたくさん人がいるとあなたを避けるのに対し、二人きりになると急にデレデレしてくる人もいるかもしれません。

こういう人は、周囲からからかわれるのが何より重荷なのです。 二人でいる時の彼の気持ちが本当のものだと思い、信じてあげることも大事です。 もちろん、いろんな女の子にちょっかいを出したいがあまりに「二人きりの時にしかイチャイチャしない」という男性もいるようですから、そういう男性には引っかからないように気を付けましょう。

 

このようなタイプの男性は、皆の前ではあなたにつらくあたることもあります。 わざと「全然ダメじゃん」「そうやるんじゃ効率が悪いよ」などと指摘をして、他の人に仲がいいと思わせないようにするというパターンなのです。

いわゆる『ツンデレ』に近いと理解をすれば、彼の気持ちを把握しやすくなるかもしれません。 あなたに近付いてきながら、突き放すようなことをしたりもする。 気分屋として有名な彼でなければ、自分の恋愛感情をコントロールできないウブな男性だということでしょう。

 

このような態度を具体的に挙げていきますと

近くに来るが、あなたに話しかけないでスルーする

隣の席に座るが、何も話そうとせずに話しかけられるのを待っている

なれなれしくしようとしても、拒否される

メールの返信が遅く、中身もある程度距離をおいたものになっている

もちろん前提として、「相手が自分のことを好きかも、という雰囲気を感じたことがなければいけません。

二人きりでデートをしたことがある、彼からさりげなく彼氏がいないか聞かれたことがある、二人の恋愛をほのめかすようなことを言われたことがある、というような例がなければ、これらの行動はごくごく普通の男性の態度です。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ