女子力アップ

喧嘩をした彼と仲直りしたい!そんな時には「わざとふざける」「甘える」「誉める」

喧嘩の仲直り法

つい彼氏と喧嘩をしてしまうカップルは、「喧嘩をしないようにする」ことを目的にしがちです。 ですが、実際は言いたいことを言い合える関係のほうが、長続きしやすいのかもしれません。

彼と喧嘩をしてしまうとやはり落ち込みますし、どうしたらいいのか迷ってしまうこともあるかと思います。

こういう時に、どうしたら彼と仲直りして、気持ちよく付き合い続けることができるのでしょうか?

■喧嘩の原因は何?

喧嘩の原因とされるのは、大まかに分けていくつかのパターンに分かれます。

相手が自分に対して理解がなく、「どうして自分のことをわかってくれないのか」というイライラとした気持ち。

困った状況の中にいて、助けを求めている時。 相手からの愛情が感じられない、もっと触れ合いたいと願っている時。

これらの原因のせいで、喧嘩をしてしまった男女もいるのではないでしょうか。

基本的には、意思の疎通ができないことからくる喧嘩をするカップルが多いかと思います。 このような喧嘩であれば、解決することはさほど難しくはありません。 ただし、相手の浮気癖やギャンブル、浪費癖などが原因になっている場合には、解決するのに時間がかかるかもしれません。

 

■喧嘩を打破するにはどうしたらいい?

相手が怒っている時には、まず素直になることが大事です。 「私だってこんなに頑張っているのに」なんて意見は言わずに、愛情が伝わるように振る舞いましょう。

相手がものすごく怒っている場合には、その怒りが抜けきってから話し合うほうがいいかもしれません。怒っている途中に話しかけると、「うるさい!」とお互いの意に反した言葉が飛んできてしまうかも。

スポンサーリンク

まず、笑えるようなムードを作るといいでしょう。 相手がニヤッとしたら、そこで喧嘩は終了です。 怒っているのがバカバカしくなるような雰囲気を作れる人は、喧嘩の修復にも時間がかかりません。

「ふざけているのか」「バカにするな」なんて言う相手には効果がないかもしれませんが、憎めないキャラクターを演じることで、彼とあなたの喧嘩も最悪のところまでいかなくて済みそうです。

また、女性なら男性に甘えるのが効果的かもしれません。 自分よりも明らかに弱そうな人、かわいらしい人には強く怒れないのが人間心理です。

彼と自分の関係が甘える側・甘えられる側とはっきりしている、もしくは年齢差がある場合には、効果がありそうです。

「怒らないでよ~、ゴメンね」と、かわいらしく言うことで、彼の怒りを削ぐことができるかも。

ついでに、彼のことを持ち上げるのが大事です。 彼を誉めて、気持ちよくさせましょう。 ただし、やりすぎや詭弁は禁物です。 あくまで、彼を好きな気持ちは忘れてはいけません。 自分のプライドは捨てて、彼に素直な愛情を捧げましょう。

女性がやりがちなのが、怒っている彼をやりこめようとすること。 理屈や正論で彼をねじ伏せても、誰もハッピーな気持ちになれません。

喧嘩を通じて、愛を深めていけるようにしましょう。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ