女子力アップ

勘違い系モテ女にありがちな、勘違いから脱却しよう!

ピンク色のハートのバッグを持つ女性

モテ女というと、本当に男性からモテモテの人もいますが、反対に男性からも同性からも「あの子、ちょっとキツイね」「勘違いしすぎ」という本音を抱かれてしまっている女性もいるそうです。

顔がカワイイのに、なかなか本命の彼氏と結ばれない女の子は、もしかしたらほんの小さなつまずきをしてしまっているのかも?

■勘違いしているように思われてしまう自称モテ女の特徴とは

・メイクがキツい、ネイルが派手
流行をおいかけるあまりに、ばさばさのつけまつげやストーンがびっしりついたネイルを会社にしていっている女性もいるようです。こういうファッションは、非常に好き嫌いが分かれやすいものです。

TPOに合うファッションを心がけましょう。 特に、男性はナチュラルメイクくらいのほうが好きだそうです。

・モテ自慢がうっとうしい
「私は学生時代に、○人から告白されたの」「昨日もナンパされちゃって」などと自慢をする女性は、男性から倦厭されます。 たくさんの男性と恋愛をしてきたように受け取られる発言は、控えたほうがいいでしょう。

・ポジティブすぎる
ポジティブシンキングは、周囲の人を幸せにします。 ですが、「空気を読まないポジティブ」は、周りの人から「いいかげんにしてよ」と思われてしまうかもしれません。

「あの人、恥ずかしがっているだけよ」「私のことをいつか好きになってくれるはず」と思うのは自由ですが、相手にとっては「いいかげんにしろよ」な状況になっている可能性も否めません。たまには空気を読みましょう。

・男性を学歴や職歴で判断する
いい学校の出身、いい会社に勤めているということだけで彼を判断すると、「なんてがめつい女性」「自分が仕事をやめたら用済みってことかな」などと判断されてしまうかもしれません。

反対に、「高卒なんてダメ男」「あの会社であの収入なんて、いいところないわね」と思っている女性は、本当に素敵な男性を失ってしまったり、見逃してしまうかもしれないですね。

スポンサーリンク

・若作りする
年をとっても若くいたい!と思うのは大事。 ですが、いつまでもギャルのような格好やメイクにこだわったり、露出の高い格好をするのは考え物です。年齢を重ねたからこそ素敵に見えるファッションもあります。

・自分のことにばかり時間やお金をかけている
美容院やネイル、エステ、カルチャースクールや習い事、趣味ばかりにお金をかけている女性は、自分のことがとにかく好きなんだろうと思われてしまうかも。趣味や習い事はともかく、自分磨きに執着しないほうがいいかもしれません。

・「ありのままでいること」をよしとしすぎている
「ありのままがいい」というのと、「すっぴんでもいい」「普段着でデートをしてもかまわない」というのは同義ではありません。ずぼらな自分を肯定するために「ありのままの自分でいたい」「素顔のままでいたい」と言うのは、ちょっと図々しいかも??

・他人の持っている「財産」「肩書き」「人脈」を利用しようとする
他人が持っているような財産や、友人の肩書きや仕事、人脈を利用しようとするのはあまりいい態度ではありません。

「○○さんってスゴイ車を持っているんだって!それでドライブに連れて行ってくれないかな」 「○○くんのお兄さんって、芸能マネージャーなんでしょ?じゃあ、あの人に会わせてよ!」 「○○さんって、レストランを経営している友達がいるんでしょ?無料で食べさせて!」 なんて言うのは、やりすぎです。 誘われたならまだしも、自分から言い出すのはやめたほうがいいかもしれませんね。

・男性とすぐに関係を持たない
自分が魅力がないかも?と思って、つい求められると許してしまう。 反対に、「体を求められるのって、私が魅力的だからよね。仕方ないな」とポジティブに考えすぎてしまう。

この繰り返しでは、男性の間で「あの子、すぐに体を許してくれるよ」なんて怪情報が飛び交ってしまうかもしれません。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ