女子力アップ

モテ女になるには「無防備」であろう

モテ女の条件に「無防備」を挙げる人がいます。これは、スキがあるかないかを指しているとも言えるでしょう。

しかし、「隙」ってナニ?どういう状態が「スキのある女」なの?と、モヤモヤした気持ちになっている人も少なくないのではないでしょうか。

実のところ、いい意味で無防備な女・スキのある女とは、どんなテクを持っているのでしょうか?

無防備

■ダメ女の「スキ」は、つけこまれる心の弱さにつながっている

好きでもない男性に馴れ馴れしくされて下に見られたり、軽い女のような使いをされてしまったり。

これも隙がある女ともいえますが、まったくもって、モテ女にはつながりません。

ダメ女の隙は、モテ女の隙とは似て非なるもの。

モテ女の隙は、多少計算がかっている部分もあります。

好きな男性の前にだけ見せる、無防備なしぐさや笑顔、隠れた気持ち。

これは何より男性の心をくすぐります。

無防備でありながら、その男性にしか見せない。

この矛盾は、男性をときめかせます。「あなただけは特別に、本当の私を見せてあげる」と言わんばかりのときめきが、男性の心を揺さぶるのです。

男性に自信を与えますし、愛を感じさせてくれるのです。

しかし、ダメ女は似たようなことをしても、男性に軽んじられてしまいます。

そこにはいくつかの理由があるのだそうです。

スポンサーリンク

まず、「NOと言えない」という心の弱さ。

隙があるというより、弱みにつけこまれたらそれを非難できない、はねのけられないという意味があります。

男性に強引に頼まれると嫌だと言えない、誘われても断れない。断りたいと思っていても、悪者にされると折れてしまう。

これでは、都合のいい女にしてくださいと言っているようなものです。

また、「自分に自信がない」「嫌われたくない」女の子も、同じような目に遭いやすいとされています。

これも、かわいらしい隙というよりも、心にところどころ隙間が空いているようなもの。

本人にそんなつもりがなくても、男性にグイグイ迫られると、相手の感情を害したくないあまりについ言うことを聞いてしまうのです。

「まあ、いいか」「別に自分にデメリットがあるわけじゃないし」と相手をあっさり許してしまうゆるさも、もしかしたらダメな女のループをより強固にしている原因かもしれません。

■隙のあるモテ女になるコツとは

まず、だれかれ構わず、勘違いさせるような行動はとらないこと。

男性とマンツーマンで友人付き合いをするにしても、しっかりと線引きすること。

相手に嫌われても、つけこまれるような言動をとらずに、断る勇気を持つこと。

そもそも女性につけこんできたり、無理やり何かをさせようとしたり、自分の言うことを聞かせようとする男性なんてろくなものではありません。

そんな男性の機嫌なんて損ねておいたほうがマシ。

自分のプライドを失うような恋愛は、しないようにしましょう!

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ