女子力アップ

モテない女性にありがちな「だめんずメーカー」にはもうならない。だめんずを育てる恋愛の4つの特徴

膝枕

ダメな男性とついつい付き合ってしまう女の子って、何が原因でそんな恋愛ばかりしてしまうのでしょうか?

もしかしたら、そのカレにも悪いところはたくさんあるけれど、女性の側がその要素を増長させてしまっているのかもしれません。

そう、もしかしたらあなたは「だめんずメーカー」となって、ダメな男性を製作してしまっているのかも。

それでは、モテ女とは対極のところにいる「ダメんず」を育てちゃう女性とは、どんな特徴があるのでしょうか?

■だめんずメーカーの女性には、こんな特徴があった!

・尽くしすぎてしまう

これはだめんず好きの女の子の鉄則ですよね。
彼のことが好きだから、何でもしてあげたいと思うのは大事なことですが、自立の機会を奪っている可能性もあります。
彼が「やってもらって当然」と思い出してあなたに命令したり、感謝の意を見せなくなったら、彼はもう立派なだめんず!?

・お金を貸してしまう

親しい仲でも、お金の貸し借りはトラブルになりがちです。
これは、恋人同士でも同じです。

彼氏がお金に困っているようだったら、すぐに財布からお札を出して渡してしまう。
それがかなりまとまった金額であったとしても、躊躇することない。
これでは、彼もあなたを頼るようになって当然です。

お金は絶対に貸さないこと。また、借りさせないことも大事です。
彼の親に立て替えてもらう、という手段も彼に「結局他の人を頼ればなんとかなる」という考えを植え付けてしまうかもしれません。
しっかりとした男性になってもらいたいのならば、自分のお金のトラブルは自分で解決させるようにしましょう。

スポンサーリンク

・自分が悪いと思い込んでいる

彼氏が乱暴な行動をしたり、暴言を吐いたり、あなたを傷付けるようなことをするのは全部「私が悪いから…」と思い込んでしまっている人がいます。
ですが、このような不満を彼にぶつけずに溜め込んでしまうと、心身共に悪いもの。

聞き分けがいいフリをしていても、あなたの中に不満は溜まっていきます。
喧嘩をして相手に嫌われたくないという気持ちがあるのかもしれませんが、それでは本当の恋人とは言えません。

もちろん、女性側にミスがあって、彼が正論を述べて怒るというケースもあるでしょう。
ですが、その時に声を荒げたり、あなたの人格を否定したりするような喧嘩の仕方をしかけてくるような男性は、本当に優しい彼氏とは言えないですよね。
「自分が悪い」と思い込まず、相手からの支配に逃げるようにしましょう。

・付き合う前にベッドインしてしまう

「付き合おう」という気持ちを交換する前に、出会ってすぐにベッドインしてしまうと、相手の本当の性格がわからないままズルズルと交際が始まってしまうことがあります。
このような恋愛を始めてしまうと、彼もセカンドの女性を作ったり、それどころかあなたをセカンドにしたりするかもしれません。

二股・三股をかけるようなだめんずの男性は、このようなスタートをやりがちな傾向にあります。
つまり、
・お互いにつかず離れずの関係を保ち、面倒を見すぎない
・経済的にも、自立した付き合いを心がける
・自分に自信を持ったお付き合いをする
・付き合うまでは、彼に体を触れさせないくらいの覚悟を持つ
これらのルールを守れば、だめんずとは縁のない恋愛ができるかもしれませんね。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ