女子力アップ

イケナイ恋をやめられない女性は、どうしたらいいのか

手で顔を覆って落ち込む女性

女性のなかには、いつも危険な恋ばかりしてしまう人がいます。

どんな学校や職場にもいるのではないでしょうか。

たとえば、友達の彼氏を好きになってしまい問題を起こす女性。

「悪気はないのよ」と言いながら、つい人の彼氏が欲しくなってしまうような人は、どんな場所でも皆を困らせます。

また、不倫や浮気をやめられない女性も問題です。

うんと年上の男性が好きだから必然的に既婚者相手になってしまう、既婚者が相手だからこそ燃える、好きになる人がなぜか既婚者ばかり。その理由はさまざまでしょうが、あまりいい恋愛とは言えません。

それ以外にも「あんな男と付き合うなんて!」「早く別れたほうがいいのに」なんて心配される人も多いようです。

このような女性たちは、どうして危ない恋愛を好むのでしょうか?

また、そういう恋愛をしがちな人は、どうしたらそこから幸せになっていけるのでしょうか?

■危険な恋をしてしまう女性の特徴

・考え方がネガティブで、「私なんてこういう恋愛が似合っている」と思ってしまう

心の奥底では、幸せになりたいと思っている。 でも、どこかでその環境が自分にそぐわないものではないか?と不安に思っているような女性もいるようです。

こういう女性は、つい自分から不幸な道を選んでしまう傾向があるようです。 傷ついた状態にあるのが普通の女の子は、その状況から抜け出すことこそが不安なのだそうです。

・恋への気持ちが強い
わかりやすくいえば、恋愛体質の女性です。 恋をしている時こそハッピー、それが危ない恋であればあるほど、障害を感じて恋心が燃え上がるのです。

そういう恋になれてしまうと、普通のほのぼのした恋愛をした時にほっとできる人もいれば、物足りないと思ってしまう女の子も多いようです。

特に、現状に退屈していて「刺激が欲しい」と思っているような女の子は危険な恋に憧れる傾向があるようです。

浮気をしている既婚者の男性が「妻がいるのに、他の女性を好きになるなんて」と思う一方で「こんないけないことをしている自分に興奮する」ように、女の子も「相手がいる男性と恋をするなんて、いけないことよ!」と思いながらも、そこに興奮しているようです。

普通の恋愛であれば、「遠距離」などのなかなか会えない状況がスパイスになることはあり得ます。 ですが、浮気や不倫などの恋や略奪愛などで興奮しているのは、あまりモラル的にも正しいことではありません。

スポンサーリンク

・彼氏がいなくなると不安になる
このような女性は、受動的というよりも能動的です。 すぐそばに守ってくれる男性がいないと不安になる、彼氏がいないと落ち着かないという女性も少なくありません。

こういう女の子は、どんな男性にも目をつけられやすいもの。 つまり、「押せば簡単に付き合える、関係を持てる」と思われています。 こういう女性は、押しに弱いですから、比較的だめんずとも付き合いやすいかもしれません。

気が弱い女性も要注意です。

・恋愛に執着してしまう
不幸になりやすい女の子は、一つの恋愛に執着してしまうことがあるそうです。 彼氏との関係が悪くなったり、恋愛が壊れかけてしまったりしても、また新しい彼氏を見つけよう!という気持ちの切り替えがなかなかうまくいきません。

何か嫌なことがあっても「自分が我慢すればいいんだ」「私が悪いんだ」と思いこむことで、彼をとりなそうとするようです。こういう女性は、自分がこれだけ頑張っているのだから、彼にもその頑張りをわかってほしい!と思うようです。

・彼に必要とされたいと思っている
気になる男性が既婚者、彼女持ちだった時にありがちなパターンです。

「あなたとパートナーの関係を壊すつもりはありません!私はそばにいられるだけでいいんです!」と断言してしまうことで、に彼にとって都合のいい女化してしまうことでしょう。

このような女性たちは、いまいち不幸な環境から抜け出しにくいと言えるでしょう。

それでは、こういう女性はどうしたらそんな環境から逃れることができるのでしょうか?

こういう場合には、まず自分が変わらないといけません。 変わると信じて、まずは行動を起こしてみるべきです。 あなた親身にアドバイスをしてくれる家族や友人の意見に耳を傾けてみましょう。

そもそも、既婚の彼・彼女持ちの彼を好きになりがちな女性は、相手がいる男性を奪う快感だけにとりつかれているのではないでしょうか?

本当に幸せな恋愛・幸せな結婚がしたいのならば、自分の可能性を信じることです。

「もう嫌だ!」「付き合いきれない!」と思った時には、きっぱりとその恋愛を打ち止めにするべきでしょう。

だいたい、このような恋愛はいつかしっぺ返しをくらうもの。 ストレスを溜めてしまったり、相手の女性に報復されてしまったり、捨てられてしまうこともあるでしょう。

危険な恋にのめりこみそうになったら、まずは自分自身に問いかけてみること。 そして、何より自分を大切に思うことが大事です。

「自分の家族や友人が、そのような恋をしようとしている時に自分なら止めるかも」そう思った時には、その恋は絶対にやめておくべきです。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ