女子力アップ

だめんず好きの女性が克服すべきウィークポイントと、見つけるべき理想の恋人

だめんず好きであることを公言している女性は、実は少なくありません。

ですが、それをまるで「自虐ネタ」のように、「付き合う男が全員ダメで~」なんて言う女性は、なかなかモテないように思います。

そもそも、だめんずが好きな女性は、恋愛観がズレていたり、麻痺していたりします。

他の女性が喜ばないような彼のしぐさや言動も、だめんず好きの女性は喜びます。「えっ、そんなことを?」と言いたくなるようなことすら、「彼の優しさなのよ」と言い出しかねません。

でも、だめんずを卒業したいと心の片隅で思っているあなた。

どうしたら、それを実現できるのでしょうか?

だめんず

■だめんずの本性とは?

だめんす好きの女性は、「彼の本当の優しさを知っているのは私だけ」「彼を正してあげられるのは私だけ」「彼のことを理解してあげられるのは私だけ」という言葉をよく口にしています。

ですが、果たしてそうでしょうか?
だめんずの男性は、たしかに優しい人も多いです。

ヒモの男性なんかは、その典型例でしょう。
ですが、それがあなたにだけ向けられているものなのか…答えはNOです。

自分のダメさを知っていて、それでも他人に甘えたい。だからこそ、人のミスや失敗にも鷹揚なのだと言えるでしょう。
また、彼を変えようとするのも愚かなことです。

大人の男性の考え方を正すのは、ちょっとやそっとのことではできません。
素直な男性ならばまだしも、彼にそういう資質がないと思ったら、育てるよりも別れたほうが早いかもしれません。

 

■だめんずと付き合うのは、難しい

だめんずと付き合うのは、とても難しいものです。

スポンサーリンク

それは、そんな男性と付き合ううちにあなたも感化されてしまうから。
ほんのちょっとの暴言や暴力に応じなくなったり、金銭感覚が麻痺したり。

男性に尽くして当然、浮気されて当然なんて思い出したら、あなたはだめんずのループから抜け出せなくなるのです。

特に、お金のトラブルにはまると面倒なことになります。
おごりおごられ、ならばまだしも、女性がお金を出して当然…というのはあまりいいものではありません。

女性のほうが圧倒的に収入が多かったとしても、それでも男性が「おごって当然」と態度に出すのは違うのです。

 

■だめんずと付き合ったとしても、あなたが変わらないと意味がない

ですが、だめんずではない、イケてる男性とはどういうものか?
そう考えた時に、答えがはっきりしてきます。

「女性を幸せにしてくれる人」という答えは、間違っています。
それはあまりに受け身すぎる考え方であり、男性から「君を幸せにしたい」と思われるのならばまだしも、女性側から男性に求める要素としては少しズレています。

女性が付き合うべき男性とは「あなたをポジティブシンキングにしてくれる男性」そして、「あなたが自分を高めたい時に、助けてくれる男性」です。

ネガティブなことを言ったり、あなたを自分の思い通りにしようとする人は、いくら年収が高くてイケメンだったとしても、あなたをハッピーにしてくれません。
自分を成長させてくれるような男性を、パートナーに選びましょう。

そのためにも、常に目標を持ち続けていること。
そうすることで、自分がどうすればいいのかが見えてきます。

どんなことでもかまいかせん。
「この仕事で有名になるぞ!」「出世するぞ!」「資格をとろう!」「○年後に結婚して、素敵なママになるぞ!」でもいいのです。

とにかく、成長した自分を祝福してくれて、さらにいいところを伸ばしてくれる彼が、理想の恋人だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ