女子力アップ

この欠点だけで男性から切られてしまうかも。直しておきたいダメ女の欠点とは

片付けられない

人は誰しも、欠点を持っているもの。 ですが、欠点だらけでも愛される性質の女性もいれば、たったひとつの欠点でいろんな人から「あの子、ないわ~」と思われてしまう女性もいるそうです。

できれば、自分の欠点を知っておき、その欠点をなるべく出さないように振る舞うことが大人の女性には求められるのかもしれません。

しかし、男性はどういう女性の『欠点』を嫌いやすいのでしょうか?

■「ワガママ」な女性

ワガママだけどそこがカワイイ、といえるのは交際初期だけ。延々とワガママを繰り返す女性は、男性の愛情もすぐに冷めてしまいます。

甘えさせてくれる男性は素敵ですが、それに慣れてしまうと相手探し、付き合い方に苦労することも出てくるでしょう。

あまりにワガママで、かつそれが経済観念にも関係しているような女性は、男性から結婚相手として選ばれる確率も低くなるようです。

 

■「プライドが高い」女性

プライドが高くて、他の女性が自分よりチヤホヤされるのが許せない。自分はいつも注目されているべきだし、一番でいるべきだと考えている。こういう女性は、実は男性から冷めた目で見られています。

自分の見せたくない部分をさらけ出すことで、相手から共感を得られることもあります。 ギャップでモテるには、プライドが高いと難しいかもしれません。

外見をいくら磨いていても、プライドの高さが交際の障害となることもあります。

そんなあなたをお姫様のように扱ってくれる男性は、あなたを好きでたまらず、愛情を惜しみなく注いでくれるタイプか、もしかしたら利用したいだけなのかも。

スポンサーリンク

 

■「片付けられない」女性

やはり、片付けられない女性は人気がありません。 料理は「お惣菜を買ってくる」「冷凍食品を使う」などの逃げ道がありますが、掃除には逃げ場がありません。

最初から完璧を目指すのもなかなか難しいでしょうが、まずは部屋の片付けから始めてみましょう。

 

■「自分で壁を作っている」女性

男性と話していても、緊張してしまって顔も見られない。気の利いた話ができない。こういう女性は、残念ながら彼女に選ばれにくいタイプです。

おとなしい女性がダメだというわけではありません。無理に女を捨てて、笑いをとる必要もないでしょう。

ですが、相手の目を見て、ニコニコ笑顔になることを心がけるだけで、少しだけ状況は変わってくるかもしれないですね。

 

■「仕事ばかりになってしまっている」女性

社会人になると、学生のようにはいきません。忙しすぎて遊びの誘いも、飲み会も全部断っている人もいるのではないでしょうか。

ですが、このような生活を続けていくと、恋人も友達もいない生活が待っているかもしれません。

たまには、フットワークを軽くして、いろんな人を自分から誘ってみましょう。 また、休日も家に閉じこもらずに、思いきって外に出てみましょう!

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ