女子力アップ

いつも好きな彼に距離を置かれてしまう女子は、気が付いて!男性に嫌われがちな4つの欠点

真剣に恋愛をしているのに、なかなか彼とうまくいかない。 こういう場合には、何か原因があるのかもしれません。

もしかしたら、簡単に直せるようなものかもしれないのですから、その欠点に気付くことが大事です。

落ち込む女性

■失敗を反省しない

いつも同じような欠点を持つ、ダメな相手を選んでしまう。 もしくは、いつも相手を束縛したり、激しく嫉妬したりしてしまう。 これは、あなたが直さなければどうにもならない問題でもあります。

どうしても自分が客観的に見られないのならば、信頼できる友人などに相談してみましょう。 恋愛をしていると、考え方が偏ってしまうことも多いそうです。 こういう時に、いかに自分を冷静に見られるか、相手に重たく思われないように振る舞えるかがカギとなってくるでしょう。

特に「毎回、彼氏に浮気されてしまう」ような女性は、男性の選び方に問題があるのかもしれません。 相手を責めていても、何も変わりません。 自分自身の見る目を養うべきでしょう。

 

■異性を型にはめて見ている

「男って、こういう生き物だから」「男はこういう女が好きだから」と、男性を型にはめて考えている人は意外といるようです。

ですが、男性からすると「それは考えすぎ」「そんなことあるわけないじゃん!」と言いたくなるような、とんでもない勘違いなのかもしれません。

男性のことを思いやるのはいいですが、勘違いはNGです。

また、「女性は男性からこう扱われるべき」「男性は、女性とのデートで相手をもてなすべき」と、女性を上に置いた考え方をしている人も好かれにくそうです。

「モテると思って」「セクシーだと思われたくて」とする恰好や振る舞い、もしくは「女の子同士なら当然でも、男性にするには行き過ぎた行為」なども、もしかしたらあなたの評判を落としているかも。

スポンサーリンク

 

■ネガティブシンキングである

女性は、ポジティブなほうが絶対にモテます。 男性でも同じです。「僕なんて、本当は女の子にモテないし、仕事もできないし」とイジイジしているイケメンよりも、からっとしていて付き合いやすいフツメンのほうが、一緒にいて気が楽ですし、楽しいですよね。 恋愛がなかなかうまくいかないからといって「私はモテない」「私はブス」と思い込んでしまっていると、だんだんと本当にモテない人、かわいらしさを感じられない人として扱われるようになってしまうかも。 そうなると、あなたの周りの男性はもう、あなたを恋愛対象としては見にくくなるでしょう。

 

■相手と上手に距離がとれない

これは、物理的な距離ではありません。精神的な距離を指します。 たとえば、好きなのにうまく近づけない。話ができない。むしろ、彼を嫌っているような態度をとってしまう。 これでは、彼も勘違いして「自分が何か悪いことをしただろうか?」と悩んでしまうかも。

反対に、好きすぎていつもベタベタしてしまう、彼を自分のアクセサリーのように扱ってしまう女性は、男性からうっとうしいと思われてしまうかもしれません。

適度な距離を保つことは、恋愛においてとても大事なことです。 駆け引きももちろん大切ですが、急にスッと身を引いてしまうと彼も驚いてしまいますし、突然ベタベタするのも、相手によっては大変嫌がられます。 相手の心中を察しながら、モテ女子らしく振る舞いましょう。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ