女子力アップ

「都合のいい女」から脱出するには

都合のいい女にはならない

好きになった男性に、いつも「都合のいい女」扱いされてしまう女性がいるようです。

そのような扱いをされたことのない人からは想像もつかないかもしれませんが、都合のいい女として扱われることはとてもプライドが傷つきますし、そのこと自体がコンプレックスになってしまいます。

しかし、自分が都合のいい女だと気が付いていない人もいます。そういう人は、そのような扱いをやめてもらうべく、一刻も早く気付き、男性に訴えかけるべきでしょう。

では、どのようにしたら「都合のいい女」ではなくなることができるのでしょうか。

尽くしすぎない

女性のなかには、男性に尽くすことが生きがいだという人もいます。

こういう人は、男性からは「お嫁さんにしたい」と思われる場合もありますが、相手によってはその気持ちを利用されてしまうこともあるようです。

「彼は私がいなきゃ生きていけないの」なんてのろけるのはいいですが、彼の恋人ではなく母親になってしまってはいけません。

母親役になってしまった女性については、男性も「恋愛対象に思えない」などと気持ちが変わりがちです。

反対に、女性は尽くせば尽くすほど、気持ちが盛り上がってしまう傾向にあるようです。

あなたの気持ちが盛り上がれば盛り上がるほど、彼は冷めてしまっているのかも。 尽くしすぎないことも大事です。

嫌われる勇気を持つ

都合のいい女の特徴と言えば「男性に嫌われたくない」あまりに、彼からされていることを我慢している傾向があるようです。

この彼を逃したら、もしかしたら結婚できないかも。

それならば、我慢して結婚したい。いつかは彼が自分のことを尊重してくれるようになるかもしれないし……と、ついつい我慢してしまうのです。

しかし、言いたいのに言えない、こんな状況を続けていくと体にも心にもよくありません。 彼の言いたいことに「YES」を言っているばかりでなく、たまには「NO」と言ってみることも大事でしょう。

スポンサーリンク

男性に対して、悪い印象をアピールしない

都合のいい女扱いをされ慣れている女性は、男性や恋愛について冷めた意見を持ちがちです。

「どうせ男なんて、女を下に見ている」「恋愛なんて、どんな男としても一緒よ」などと言っている女性を、わざわざ好きになる男性は少ないでしょう。

できるならば、ネガティブな女性よりもポジティブな女性と付き合いたいと思っている男性のほうが圧倒的に多いからです。

こういう言葉を口にしてしまうのは、過去の恋愛のトラウマが関連しているのかもしれません。

ですが、そのような言動を乗り越えて好きになってくれる男性を求めているとも考えられます。

しかし、そういう考えを理解できる男性はごくわずか。男性や恋愛に対してネガティブなイメージを口にしないほうがいいのは確かです。

恋愛に依存しない

いわゆる『恋愛体質』の女性。都合のいい女でも構わない!いつでも恋していたいと思っている女性は要注意です。

恋愛に依存してしまうと、男性はあっという間に引いてしまいます。縛られたくない、束縛されたくないという男性が多いからでしょう。

自分の寂しい気持ち、つらさ、恋愛のトラウマを、新しい恋愛で上書きしたいと焦っているのかもしれませんが、こういう始まり方をした恋愛は幸せになりにくい傾向にあります。

というのは、悪い男性は、このような恋愛に依存するタイプの女性を上手に見抜き、体だけの関係を求めてくることもあるのです。

ですから、恋愛だけに夢中にならないように、生活や趣味を充実させたものにしておくのも大事なことです。

■自分が本当に「都合のいい女」なのか、見つめ直す

また、比較的満たされた恋愛をしているのにも関わらず、「愛され足りない」「私はもしかして都合のいい女なんじゃないか」と思っている女性もいるようです。

自己評価が高いためか、自分と彼との恋愛スタイルや関係性に納得がいかないということからそう思い込んでしまうのでしょう。

もっと大切に扱ってほしい。 もっと私の望んでいることをしてほしい。 自慢の彼氏になってほしい。

そのような気持ちから、男性に対して「私って都合のいい女なんじゃないの」「そうじゃないなら、私のことをもっと大切にしてよ」と詰め寄ってしまうのでしょう。

最初は「そんなことないよ」と否定している男性も、だんだんとこのような言い分にウンザリしてきて、本当にあなたのことを「都合のいい女」扱いし始めます。

このような事態を招かないためにも、彼の本心をよく知っておくことが大事です。 「してもらうこと」よりも、「してくれた」ことを大事に考えるようにすべきでしょう。

■彼に固執しすぎないためにも、たまには他の男性とも交流する

彼のことばかりを考えてしまっているから、彼が逃げて行ってしまっている可能性もあります。

たまには、他の男友達と交流を持ち、男性からアドバイスをしてもらうことも大事です。 他の人とデートをすることで、彼への気持ちが分散するかもしれません。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ