女子力アップ

「話していてもつまらない女」から卒業するには、どうしたらいい?

会話がつまらない女性

男性がたびたび言いがちなのが「女性の話は長くてつまらない」というものです。

デートに出かけても「こういうところはちょっと……」「居心地が悪いかも」という評価が下されてしまうこともあるようです。

せっかく彼とデートができているのに、「つまらない女」なんて烙印を押されてしまったら、彼との関係を長く続けていくことはできないでしょう。

それでは、デートでつまらない女性と思われないためには、どういうところに気を付ければいいのでしょうか?

■こういう反応をする男性は、あなたのことを「つまらない」と思っている

やはり、会話でうまくいかないと思われてしまうと、男性もデートをしている女性への興味を一気に失ってしまうようです。

たとえば、男性の相槌が常に生返事で、本当に聞いているのかわからないような味気ない感じしかしない。笑っているが、本当に楽しそうな顔をしておらず、目が笑っていない。

携帯電話やスマートフォンをいじっていて、反応が薄い。挙げ句の果てに、「あっ、ちょっと用事を思い出しちゃった。帰るね!」といなくなってしまう。

こういう男性とのデートは、本当にガックリしてしまうもの。でも、そう思わせてしまったあなたにも原因があります。

たとえば、自分の話だけをしすぎていませんか? しかも、日常にあったたわいもない、それだけにリアクションしにくいような話をされても、男性は戸惑ってしまいます。

彼にもわかるような話題を選んだり、彼があなたと話したくなるようなエピソードなどを話してみたりすることも大事なのです。

また、「そんな単語、聞いたことない……」というような女子トークをされたら、ついていきたくでもついていけない!という男性からの意見もあるようです。

自分の話したいままにトークをするのではなく、相手に伝わりやすいように工夫をして話をしたほうがいいでしょう。

明らかに相手を退屈させてしまっているようならば、あなたも自分の話題をちょっとは休止して、彼に話をしてもらう時間に変えたほうがいいかもしれません。

ですが、あまりにもわかりやすく「つまんねーなー」という態度をとるような男性は、付き合っても自分の感情をストレートに出しやすい人でしょうから、付き合いを再考してみてもいいのでは?

スポンサーリンク

■気を付けたい!女性が陥りがちな失敗会話パターン

たとえば「なんか面白い話して~」「笑わせて~」なんてムチャブリを彼にしている女性は、「一緒にいると疲れる」「要求がムチャクチャだ」などと男性に思われている可能性があります。

また、話が長く、自分ひとりでケラケラ笑っていて、結局彼に何を伝えたいのかわからないし、面白くもないということもあるようです。

彼の前ですべりがちだという女性は、自分からはあまりしゃべらないほうがいいのかもしれませんね。内輪の話ばかりをする女性も、つまらないと思われがちです。

友達の○○チャンが、会社で仲がいい○○さんが、という話をされても、彼は「だから、その人は誰なんだよ!」という気持ちになってしまいます。せめて、お互い知っている人の話題で盛り上がりましょう。相手も反応がしにくいそうです。

悪口や愚痴などのネガティブな話も、喜ばない男性が多いようです。 「なんだか性格が悪そうに思えてしまう」という意見が多数です。

せっかくリラックスしたくて彼女に会っているのに悪口ばかりを聞かされているのでは楽しくないからでしょう。

仕事で疲れているから愚痴が増えてしまうということもあるかもしれませんが、あまりにネガティブなことばかり繰り返している女性は、マイナス思考のように感じられるそうです。

気を付けたいのが、人の話を途中から自分の話にするクセがある女性です。

男性の話を遮って「そうそう、私も同じような経験をしたことがあるんだけど……」「そういえば思い出したんだけど……」などと話を自分のものとしてとっていくような女性は、好かれにくいでしょう。

せめて、相手が話し終わるまで待ちましょう。

■どうしたらつまらない女と思われなくなるの?

男性と話すのが苦手な人は、無理をして自分が会話をリードしようと思わないこと。 相手の話を聞きながらリアクションするだけでも、充分です。

参考記事:男性から好かれる「聞き上手」になるために心しておきたい、3つのポイント

まずは相手の話に耳を傾けてみてから、その話のなかから膨らませられそうなエピソードを探していけばいいのです。

リアクションもちゃんとしてあげましょう。 自分の話にきちんと耳を傾けてくれる女性を、男性は軽んじたりはしないものです

一緒にいて楽しい、自分のことを尊重してくれるから大切にしたい。そう自然と考えてくれることでしょう。

相手のリズムに合わせることも大事です。 相手がゆっくりと話すようなタイプならば、自分も早口にならないように気を付ける。

相手がテンポよく話したい男性であれば、自分もリアクションのペースを速めてみるなど、工夫をしてみましょう。

さらに、相手の言ったことを繰り返してみるのも効果的だそうです。

「今日、会社の同僚と喧嘩しちゃってさ」 「えっ!?同僚の人と、喧嘩をしたの?」 とキーワードを自分の返事のなかに入れ込むことで、相手もあなたがリアクションをしてくれていると感じやすくなるそうです。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ