女子力アップ

『女友達』から脱却できないのには、理由があった!

一部の女性は、好きな男性の前になると上手にアピールできず、女友達としてしか見てもらえないという悩みを抱えているようです。

たしかに、仲良くなりすぎてしまうと、そこから恋愛に発展するのはなかなか難しいもの。

ですが、もしかしたら他にも理由があるのかもしれません。 あなたが女友達から彼女に昇格できないのならば、以下のことに注意してみてはどうでしょうか?

女友達から抜け出す

■男性は、こういう女性は友達としか思えない!

男性のなかには、「こういう女の子なら彼女にしてもいい」という女の子と、「友達としてはいいけど、彼女としてはナシ!」という女の子の間にしっかりとしたボーダーラインが存在するようです。 ナシとされる条件として多いものを見ていきましょう。

・喫煙者である

これは、タバコを吸わない男子にとって、彼女にできない条件に挙げている人も多いようです。 たしかに、タバコを吸わない人にとって、その煙や匂いが迷惑に感じられることもあるでしょう。

また、女性がタバコを吸っている姿があまり好きではない、という声もあるようです。

・容姿がタイプではない

これは残酷な意見ではありますが、あり得ることでもあります。 女性にとっても、「すごくいい人なんだけど、付き合うにはちょっと……」という男性っていますよね。それと同じことです。

「彼女にするなら、痩せている子がいい」「彼女にするのならば、自分より背が低い女の子がいい」など、その条件は本当に様々です。

・価値観がズレている

自分は浪費家だけど、その子は節約家。友達としてならばいいけれど、付き合うとお金関係のことで喧嘩になりそう……となると、自然と彼女としての対象から外れてしまいます。

とってもいい子だけれど相手を束縛する子、とても優しいけれど家のことがまったくできない子なども同様でしょう。

・色っぽさを感じない

長い付き合いになると、色っぽさというものを感じなくなるでしょう。 たとえば、自分が上半身裸になってもその女の子には気を使わない。 その女の子が露出度の高い格好をしていても、まったく気にならない。 ここまで関係が進んでしまうと、恋人というよりも家族に近くなってしまうのかもしれません。

スポンサーリンク

 

こういった条件はありますが、女性自身が直したほうがいいであろう部分もまた存在することを忘れてはいけません。

■色っぽさを忘れていませんか?

友達同士だからといって、オシャレを忘れて普段着で遊びに行ったり、すっぴんを見せたり。 これでは、彼もあなたを女性として意識しにくいでしょう。 普段はしっかりメイク・きちんとしたファッションで、ふいにラフな格好やすっぴんを見せるから効果があるのです。 普段から友人関係にあることに甘えて手抜きをしていてはいけません。 適度に色っぽく、セクシーな存在であることを忘れないようにしましょう。

また、外見だけ整えればいいというわけではありません。 内面から女性らしくあろうという気持ちも大事です。 生活習慣なども、手抜きをしないこと。 徹夜続きでクマだらけ、洗濯もしていないので服はヨレヨレ、肌もくすんでいてボロボロ……こんな感じでは、女友達の座からも陥落してしまうかも!?

■男っぽさを意識するのはやめよう

彼にとって気のおけない友達になりたいからといって、サバサバと振る舞いすぎないことも大事です。 男性言葉で話したり、わざと粗雑なしぐさをしたり、男性をあたまから否定してみせたり。 こういうことをしていると、彼もあなたを女性として認識しなくなるでしょう。 彼の前であぐらをかいたり、汚い言葉遣いで話したりするのはできるだけやめたほうがいいかもしれません。

■プライドが邪魔していませんか?

いわゆる、姐さん的な存在になろうとして、弱さを見せないように振る舞っていないでしょうか? 彼にとって「しっかりした女性」「頼れる女性」になろうとして、反対に「隙がない」女になっている可能性があります。

男性に弱みを見せられるかどうか、これが恋愛対象になれるかのポイントのひとつでもあるでしょう。 たまには、つっぱることをやめて男性に涙を見せてみるのもインパクトがあっていいものです。 男性は、そういう女性の姿を見て「自分に心を許してくれているのか」と思うようです。

■ネガティブになっていませんか?

男性は、できるなら明るくて爽やかで優しい女性と付き合いたいと思っています。 もしかしたらちょっとおとなしめで、すぐに拗ねるような女の子が好きな男性もいるかもしれませんが、基本的には少数派です。 そういう男性の前で、「他の人の悪口を言う」「ちゃんと努力をしている人を妬む」「自分より立場が下の人間をバカにする」「自分に自信がなく、愚痴ばかり」という態度を繰り返していると、男性からは「一緒にいてもつまらない」「自分に自信がない女の子としても、何も楽しくない」と評価が下ってしまうかもしれません。

 

他の人間の変化に気付き、こまめに誉める。

自分に自信があって、余裕もある。

変化していける柔軟性を持っている。

こういう女友達であれば、自然と女性として意識されるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ