女子力アップ

雨の日は、「おうちデート」で愛情度をアップさせよう

梅雨のシーズンが近付いてきました。こうなりますと、外でのお出かけデートが難しくなってきてしまいますよね。

そんな時には、家でのまったりデートがオススメです。 彼氏と一緒に、インドア派のデートを満喫しちゃいましょう!

それでは、おうちデートを楽しみたい時には、どのようなことに気を付ければいいのでしょうか?

a0055_000235

■まずは、部屋を掃除しよう!

自分の部屋でデートをする場合。 そのままの自分を受け入れてほしいといっても、限度があります。 彼をおもてなしする時には、部屋をキレイにしてからのほうがいいでしょう。 あまりに散らかった部屋は、彼から見ても減点対象になってしまうことがあります。 もし女らしさをプラスしたいのならば、お花を飾ってみてもいいかもしれません。 グラスに一輪挿しくらいでも、途端に部屋が女性らしくなるでしょう。

また、できればよい香りを漂わせておきたいもの。 洗濯ものの乾いていないような生乾きの匂い、ゴミの匂いなどの生活臭などがしないようにしましょう。 ただし、あまりに芳香剤くさい部屋はNGです。 アロマを焚いたり、ディフューザーを使用したりして女性らしい部屋を目指しましょう。

 

■かわいい洋服でお出迎え!

部屋で彼とデートをする場合には、服装も考えなければいけません。 ミニスカートやタイトスカートだと動きにくいこともありますし、できればカジュアルな洋服のほうがいいのかも。ですが、あまりにカジュアルすぎると彼からも「ちょっと雑な感じがする」と思われてしまうことでしょう。

ですから、ルームウェアにもこだわりを持ちましょう。 いつもコンサバな格好をしている人が普通のTシャツとスウェットになるならギャップがあっていいでしょうが、いつもカジュアルな人がランクダウンした格好をしても、あまり男性を惹きつけることはないでしょう。

素材やデザインにもこだわって、スウィートな印象がするルームウェアを彼に見せてあげましょう。

ちなみに、この格好で外まで出かけるのはやめておいたほうがいいかもしれません。 許されるのはせいぜいコンビニくらいまでです。

 

■手作りごはんで、彼の胃袋をつかむ

たまにはピザをとったり、デリバリーを頼むのもいいかもしれませんが、やはりおうちデートならば食事は作ってあげたほうがベター。 あまり料理の腕に自信がなくても「彼女が自分のためにごはんを作ってくれている」という事実を嬉しく思う彼も多いようです。 とはいえ、料理はできたほうがいいでしょう。 彼の得意料理は覚えておくべきです。

ハンバーグでもカルボナーラでも、豚の角煮でも、自分の好きなものを作ってくれるだけで彼も大感激してしまうことでしょう。

もしも彼が料理上手ならば、もしかしたら求められるテクは高いものになるかもしれません。 彼女の家ならば、ありあわせの材料で美味しいものを作ってくれるというシチュエーションを期待する男性も多いのだとか。

スポンサーリンク

 

■自分だけでなく、二人で料理をする

自分が腕を振るうのもいいですが、二人でキッチンに立つのも楽しいもの。 スーパーにお出かけするところから、もう楽しいはず。

「何を作ろうか?」「何食べたい?」「お菓子も買っちゃおうか」などと、二人でおしゃべりしながら品物を選んでいるだけでワクワクしてくることでしょう。

そして材料を買い込んでからは、おうちに帰ってお料理です。

せっかくならば、彼と一緒に楽しんで作るものがベターなはず。 お鍋にしてみたり、お好み焼きなどにしてみたりと工夫してみて。

 

■一緒にテレビを見る

おうちでできる娯楽といえば、やはりテレビです。 普段自分が見ているものを彼に勧めてみたり、反対に彼の好きな番組を一緒に見たりして、仲を深めてみましょう。 彼の知らなかった一面を知ることもできるかもしれません。 自然と距離も近付きますし、笑顔もこぼれるはず!

もしテレビを見ないという人は、映画のDVDなどをレンタルしてみるのもいいかも。

 

■お見送りはしっかりと!

彼とサヨナラの時間が来たら、彼を送っていきましょう。 お見送りの時に、どれだけ強い印象を残せるかがポイントです。 駅までお見送りに行く、もしくは中間地点まで送る。 さらに、「まだ離れたくないよぉ」などと甘えてみたら、彼もドギマギしてしまうことでしょう。 サヨナラのキスも忘れずに。 また、メールで「今日は楽しかったね」「またこういうデートをしたいね」などと送っておけば、彼もあなたを「一緒にいるとリラックスできる存在」であると強く認識するようになるでしょう。

「もう外に出るのが面倒くさい」「別にいいよ、お見送りなんて」と思う女性は、同じことを彼がしても怒らないであげましょう。 もしかしたら彼は「いいよな、なんでもやって『もらう』っていう考え方でさ」なんてあなたにウンザリし始めるかもしれないのです。

そうならないためにも、ちょっとの手間を惜しまないようにすること。 最後の最後まで、おうちデートも気を抜かないようにしたほうがいいのです。

 

これだけのことをすれば、彼もあなたのことを手放したくないと思うはず。 また、雨の時期でも楽しいデートができることでしょう。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ