女子力アップ

男性のプライドを刺激したらモテるってホント?

飲み物を飲みながら話す男女

男性は、プライドの高い生き物です。 「いやいや、女性にはかなわないよ」なんて言う人もいますが、男性だって負けてはいません。

世間体などを気にしたり、プライドを守ろうとしたりする気持ちは、男性なら誰しも必ず持っているものです。 恋愛についても、同じことが言えるでしょう。

男性が恋愛に対して持っているプライドを、女性が上手に刺激することで、相手に夢中になってもらうことができるのです。

反対に、変にプライドを刺激してしまうとあなたのことを嫌いになってしまうこともあるかもしれません。 彼の気持ちを上手に利用して、恋人を作っちゃいましょう!

プライドをくすぐる女性は、男性をメロメロにする

たとえば、キャバクラやクラブで働いているような女性に、男性はメロメロになりやすいものです。 それは、何も優れた容姿やスタイルのせいではありません。

露出度の高い衣装のせいでもないのです。 ホステスさんがモテるのは、男性のプライドというものをよく知っているからです。 よく知っているからこそ、彼女たちはモテることができているのです。

ホステスさんは、まずお客としてきた男性のことを誉めます。 これは、誰でもできるようで意外と難しいものです。

手放しで相手のルックスや学歴、肩書き、財産、はたまた性格まで誉めあげるのは、並大抵の経験ではできないのです。

しかし、ホステスさんのマネをしているつもりで、男性にかしずいたりするのはやりすぎでしょう。 彼のプライドさえ満たすことができれば、男性のほうからあなたを好きになってくれるはず。

「この女性といると、気分がいい」と思えば、男性はあなたのことを手放したくなくなるからです。

スポンサーリンク

■『誉める』テクニックを磨け!

だからこそ、気になる彼のことは上手に誉めましょう。 社会人の彼氏ならば、仕事に対する姿勢を誉めてあげるべきです。

「いつも仕事を頑張ってるのね」 「あなたのその姿勢、きっと上司も評価しているわよ」 「そんな大事なプロジェクトをまかされたの!?スゴイね!」 と誉めれば、彼も自然と鼻高々になるはずです。

また、彼が学生の場合には、勉強している姿勢や部活やサークルに取り組む熱心さ、リーダーシップやコミュニケーション力、企画力などを誉めてあげることもいいかもしれません。

とにかく、彼が誉めて欲しいであろうところを探す。 そして、それを見つけたら全力で誉める。 そうしてあげれば、彼も「認められた」「この子は、自分のいいところを知ってくれている」と思うようになるのです。

さらに、男性は自分の仕事や趣味のことを自慢するのも大好き。

特に女性の前で、 「俺、すごいいい車に乗っているんだ。ほんの数千万円だけどね」 「僕の仕事、社長にまで認められたんだ」 などと、『誉めて欲しい』オーラを全開にするはず。

そういう時こそ、ここぞとばかりに男性をほめちぎりましょう。

参考記事:彼氏をときめかせる「誉め言葉」テクニックを身につけよう

■しっかりと彼の目を見つめながら誉めることで、信ぴょう性が増します

彼のことを誉める時には、全身でその感情を表現しましょう。 遠くのほうを見ながら、投げやりに「スゴーイ」では、彼もまったく満足しません。 むしろ、バカにされていると思うかも。

それよりも、男性の目をしっかりと見つめて「あなたって、本当にすごいのね」と伝えるのです。 そうすれば、男性もあなたの言葉に酔いしれて、すっかり信じてくれることでしょう。 プライドを満たされていい気持ちになるということです。

■「あなたのことを、頼りにしてもいいですか?」という言葉が、プライドをくすぐる

男性が誉められるのは、何も賞賛された時だけとは限りません。 「あなたにしかこんなことを頼めないのよ」「わからないことがあるから教えてくれる?」などと、頼りにされることも喜びなのです。

そういう経緯で男性のことを頼り、成果が出た場合。 「本当にありがとう!あなたがいてくれたからよ」「あなたのおかげで、私も全力を出し切れたの」と、彼のことをより誉めるチャンスが巡ってきます。

男性は、頼られると嬉しい生き物だからです。

■知っていることも、知らないふりをすることで男性のプライドを刺激できる

たとえば、自分が知っていることを、男性が知識として披露してくれることがあります。

そういう時に「その話、知ってるよ」「有名だものね」などと相手に行ってしまうと、彼が傷ついてしまう可能性があります。

それよりは「へえ、そうなんだ!知らなかった」「さすがあなた、何でも知ってるのね」などと褒め称えれば、彼もニコニコしてしまうはず。

ただし、気を付けたいのは、彼のことを延々と誉め続けてしまうと彼が調子に乗ってしまう可能性があるということです。

いい気にさせると、男性は自分の力を過信してしまう可能性があります。 そんな性格の男性だったならば、もしかしたら付き合っても浮気されてしまうかも。

そこまで調子に乗らないような男性と、調子に乗ってあなたを下僕のように扱う男性を上手に見分けられるようにもしたいものです。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ