女子力アップ

年上の彼を夢中にさせる方法

年上の男性にアピールするには

女性にとって、やっぱり憧れの存在となりやすいのが「年上のカレ」です。 同い年の彼にはない包容力や恋愛経験値は、女性を引きつけて離さない魅力を持っています。

しかし、自分が年下だとなかなか自信を持てないもの。 年上の男性と自分が釣り合うのかしら?なんて、クヨクヨ悩んでしまう女性も少なくないようです。

それでは、年上の男性にどうやったら自分の魅力を伝えられるのでしょうか。

 

■無邪気なところを見せる

若い女性にしか許されない魅力、それが「無邪気さ」です。 天真爛漫、と言い換えることもできるでしょう。何かあったら飛び上がって喜んだり、ポロポロと涙をこぼしたりする。 他の人に左右されない感情表現の豊かさは、どんな人にも伝わる愛らしさが存在します。

 

■いつでも元気いっぱい、ニコニコ笑顔

年上の女性の魅力と言えば、落ち着いた態度や知的な表情にあるでしょう。 その一方で、若い女性の魅力と言えば元気いっぱいの表情やあいさつにあります。 憂鬱な朝でも、若い女性の「おはようございます!」「今日も頑張りましょうね!」という言葉には、どんな人もニコニコ元気になれるもの。

疲れているからといってそれをあからさまに表情や態度に出していると、嫌われてしまう可能性がありますから注意しましょう。

 

■若さゆえの「隙」をアピールする

男性にとって、若さゆえの“ミス”はなんともかわいらしくみえるもの。 何でもできるような女性も素敵ですが、失敗したり、おっちょこちょいなところもあったりするような女の子は、からかいやすく声をかけやすい魅力があります。そういう隙は、存分に利用したいものです。

 

■年上男性を頼って、相談を持ち掛けてみる

やはり、どんな男性も頼られると嬉しいもの。 自分の意見を聞いてくれて、「そういう考え方もあるんですね」「すごいなあ、さすが○○さん!」などと褒めてくれる女性は魅力的です。 そういうことができるのは、やはり年下女性のほう。 ちょっぴり困った顔で「この仕事、どう処理したらいいんですか?」なんて質問してくれる女性は、やはり守りたくなりような魅力があるでしょう。

 

■話を聞いて、リアクションをとる

男性は、女性に対してちょっといい恰好をしたいという気持ちを持っているようです。 自分の意見を「すごイ!」「素敵!」と感激してほしいのです。

ですから、男性にはなるべく自分の話したいことを話したいペースで披露してもらうこと。 そして、それに対してリアクションをちゃんととってあげるべきなのです。 男性がいい気持ちになればなるほど、あなたのことを「離しがたい存在」と思ってくれるかもしれません。

 

スポンサーリンク

■時には、タメ語でなれなれしく

会った時から敬語を使わない、というのはさすがに図々しすぎます。 基本的には、礼儀正しさをアピールしておいたほうがいいでしょう。 ですが、ずっと敬語というのも味気ないもの。 たまにはタメ語を混ぜて話してみるのも効果があります。

年下女性にタメ語でからかわれると、ドキドキするという男性も少なくないそうです。 たまには上から目線で、生意気な口調で話してみるのもいいのかもしれませんね。

 

■年下でも、支えてあげる『母性』は魅力的

いかにも“おっかさん”といったような老けたルックスや世話を焼きすぎる態度は、男性にとってあまり素敵にはうつらないようです。 やはり男性を心配したり励ましたりしている女性の優しさには、男性も魅力を感じるようです。 「先輩ってば、意外とこういうことは苦手なんですね」なんてからかいながらも優しくしてくれる。 落ち込んでいる時には、そっと慰めてくれる。 そういう女性は、男性にとって愛される存在になることでしょう。

 

■彼にばかり合わせようとしない

年上の男性とお付き合いをしたいと願う女性の中には、やはり男性に合わせよう、合わせようとしてしまう人も少なくないようです。 ですが、年上の男性に合わせて大人っぽくしようとしても、限界があります。 自分に似合わないことを無理にしようとしても、男性からは「無理しているな」とはっきり気付かれてしまうのです。

そうなってしまうと、あなた本来の魅力がなくなってしまいかねません。 無理して背伸びするより、等身大のあなたで勝負してみましょう。

 

■若い肉体で勝負!

ツルツルのお肌、シワもシミもないような目尻、角質化なんてまったく関係ないような肉体は、やはり男性をドキドキさせるものです。 若いからこそできるファッションやメイクで、男性にアピールするのもいいでしょう。

 

■甘え上手・ボディタッチ上手で仕掛ける

ボディタッチは、恋愛においても重要な役割を担っています。 年下の女性から甘えられながらボディタッチされたとしたら、男性も思わず顔がゆるんでしまうことでしょう。 ですが、年上男性だからこそ、世間体や他の人の目を気にする人もいます。 あまりに外でベタベタしすぎてしまうと、彼からは遠まわしに拒絶されることもあるかもしれません。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ