女子力アップ

このままで終わりたくない!好きな男性と片思いのままで終わってしまう理由とは

片思いをそのままで終わらせない

片思いが好きだという女の子は、とても多いとされています。両思いももちろん素敵ですが、片思いのドキドキがたまらなく好き、という女性は意外と少なくありません。

しかし、できればゴールは彼に告白をOKしてもらい、カップルになりたいもの。 ですが、片思い中の言動が原因で彼にフラれてしまったという女性もいます。 自分はドキドキに満ちた楽しい片思いをしていたのに、相手はいつの間にかその時期が終わってしまっていてすれ違いになっていた……ということもあるのではないでしょうか?

片思いだからと「相手に好きになってもらわなくちゃ!」と張り切りすぎて、大失敗をしている可能性があります。もしかしたら、あなたが気付いていない何かが相手をガッカリさせている可能性すらあるのです。 それでは、どのような言動が相手に引かれる原因となるのでしょうか?

 

■「今度、カッコイイ男友達を紹介してよ!」

「私って、全然男の子と仲良くなれないんだよね~」と、彼に『こんなに仲がいいのはあなただけなんだよ!』とアピールしている最中に、つい冗談で「今度、男友達紹介してよ!一緒に飲みたいな!」「今度合コンしようよ!」と言ってしまう。

軽い気持ちかもしれませんが、相手は「ああ、俺って脈ナシなんだな」「俺は男として見られていないんだな」とガックリしてしまうことが多いようです。 つい言ってしまった一言が、彼にはあなたから離れる決定打になることもあるようです。

 

■メールを放置してしまう

相手が必死で考えたメールを、そのまま放置してしまう。 これでは、相手もガックリしてしまいます。 メールの返信が遅い以外にも、メールの文面が短い・そっけないという時にも、男性は落ち込んでしまうようです。

「了解」「はい」「考えておきます」だけではなくて、相手とメールのラリーを楽しむことが大事です。

いくら相手の気を引きたいと思っていたり、緊張していたりしても、ズルズル引っ張ってしまう・結果として業務連絡のようになってしまうようでは、何も考えずに返信してしまったくらいのほうがいいかもしれません。

参考記事:気になる彼の気持ちを、つかんで離さないメール術

 

■約束をドタキャンする

「今度、○○っていうお店に行きませんか」と誘われて「いいですね!わかりました!」と返事をしつつ、「これって自分から誘っていいのかな」「あの話、まだ生きてるんだっけ」とウジウジしているうちに、いつの間にか時間が経ってしまう。 このようなやりとりも、もしかしたら相手にドタキャンとしてカウントされているかもしれません。 相手を喜ばせておいて、結局一緒に行動できないような女性は、なかなか好かれません。

「仕事が忙しくて……」というのも、言い訳にならないかも。 約束はもちろんのこと、遅刻もしないほうがいいでしょう。

スポンサーリンク

 

■自分の話ばかりをする

相手の話も聞かずに、自分の話を聞いてばかりの女性は、男性も一緒にいたいと思わなくなるようです。 「この子、自分のことばかり話しているな」「俺には興味がないってことかな」と思わせてしまうからでしょう。

また、仕事の話ばかりをするのもNGです。 仕事にばかりのめりこんでいる女性は、男性からしても「安らげない」と思うことが多いようです。仕事が好きでも、彼の前では上手にバランスをとっておきましょう。 できれば、自分の話でも趣味の話をしてみたり、相手の話を聞くようにしたりしてみましょう。

 

■他の男性を誉めちぎる

他の男性を「ステキだよね」「仕事できるし」「カッコイイなあ」などと誉められると、ジェラシーで頭がいっぱいになってしまうような男性もいるようです。 特に、他の男性の外見を誉められると、テンションが下がってしまう人もいるようです。 そんなつもりはなかったとしても、他の男性のことを誉めるのはやめておいたほうがいいかもしれません。 芸能人や有名人でも同様です。

 

■人によって態度を使い分ける

イケメンとそうでない人、自分にとって利益がある人・ない人で態度を使い分けるような男性は、やはりモテにくいでしょう。また、同性に対しての態度も同じです。美人や仕事の評価が高い女性には冷たいのに、自分がいつも一緒にいるような友達には優しいというような態度の使い分けは、男性には受けが悪いものと心得ておきましょう。 どんな人にも、笑顔であたたかく接することができる人は、どんな人からも人気が出ます。

 

自分はそんな大事だと思っていなくても、相手にとっては大問題だということがあります。

・他の男性のことを好きな素振りを出して、気を引こうとしない

・メールや電話は、相手の負担にならない程度にマメに行う

・相手とした約束は、ちゃんと守る ・相手の話を聞く

・いつも笑顔を忘れず、柔軟な態度をとる

とにかく重要なのは、「彼に興味がない」ような素振りをしないこと。それが一番相手のテンションを下げてしまうことのようです。

相手に誤解されないような行動をとって、片思いを楽しみながら両思いを目指しましょう。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ