女子力アップ

いい感じなのに相手と付き合えない女性は、どこに気を付ければいいの?

彼に愛されたい

大好きなあの人と付き合いたいのに、どうしても「友達以上恋人未満」の関係から進まない。

いい感じのところまでいくけれど、告白をされることはないままフェイドアウト……

こういうことが連続してしまうと、やはり恋愛にも臆病になってしまいます。

このようなことが起こりがちな人は、どうすればいいのでしょうか?

■自分に自信がない男性が、増えています

女性はリードされる側、男性はリードする側という概念もありますが、今は草食系の男性も増えています。

女性にデートプランを丸投げしたり、誘われるまで待っていたりするような男性もいるのです。

ですから、男性に自信がつくような言動を見せてあげたり、彼が「この子なら、断られないぞ」と思うような好意を示したりする必要があるのかもしれません。

つまり、男性をときめかせる努力をしなければいけないのです。彼のことをじっと見つめてみたり、さりげなく甘えてみたり。

「あなたのそういうところ、素敵だよね」と誉めるのもいいかもしれません。

■自分から告白しないのも、愛されるコツ

女性から告白するのも、もはや珍しいことではありません。 もちろん、それでうまくいくカップルもいますが、女性側からグイグイ来られると引いてしまう男性も少なくありません。

男性は、自分で好きになった女性をガツガツと追いかけるのが好きです。 そうやって手に入れた女性のほうが、愛情が長続きしやすいということも言えるでしょう。

女性から告白すると、男性が「お前は俺のことが好きだからな」「俺が付き合ってやってるんだから」と、男性主導のお付き合いになってしまいがちです。

そうなると、あなたが傷付く機会も増えてしまうでしょう。

スポンサーリンク

■男性から愛されるには?

彼からデートに誘われたり、思わせぶりなメールが来ている場合。

この時に「彼は私のことが好きなのね!」と舞い上がってしまい、ベタベタしたり恋人のように振る舞ったりすると、彼は引いてしまうかもしれません。 たまに、彼に思わせぶりな態度をとるのはいいですが、時には自分から引きましょう。

彼に執着しすぎず、あくまで「私も自分の世界があるし、やりたいこともあるし」という態度を貫くのです。 「手が届きそうで届かない」存在であり続けましょう。

ただし、彼からはあまり誘われず、自分から誘ったら仕方なく来てくれるような人の場合には、あまり思わせぶりな態度はとらないほうがいいかも。

とにかく、女性らしく、優しさをアピールします。 聞き上手であることを心掛け、誉めたり優しくしたりしてあげましょう。

参考記事:「聞き上手の女性」になって、モテる!そのテクニックを学んじゃおう

「優しい子だな」「性格のいい子だな」と思われるのが、このような男性との間に愛が生まれやすくするコツです。

ただし、これが婚活ならばまた話が変わってきます。 婚活は、3回のデートが目安と言われています。

婚活において、3回以上デートを重ねるということは、脈ありということです。 それから先に進まないようならば、彼とは合わないのかもしれません。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ