女子力アップ

フラれたけれど復縁したい! そういう時には「依存心」を排除しよう

ぶりっこポーズ

彼と復縁したいと願っている女性がまず変えるべきなのが、「依存心」です。

女性に限らず、人はフラれると依存心が増します。

ストーカーは元恋人が多いというのが、これを証明しているようなものでしょう。

ラブラブだった時よりも、連絡を頻繁にとろうとしたり相手に会いたくなったりしていませんか。

相手のことばかり考えてしまう。これが悪い方向に転がると、別れたのに関係はよりこじれてしまうでしょう。

■フラれた人は、誰しも依存心が一時的に強まる

しかし、これは別れを経験した誰しもが通る道でもあります。お互いに愛し合っている環境であれば、依存心は目に見えにくいもの。

そもそも、依存心というより「愛情」として表現されます。

スポンサーリンク

二人でべったりくっついていても、それが依存にはなりませんよね。

ですが、別れた後でもそうあろうとすると、フラれた側の人はとてもつらい立場を経験することになります。

どちらかが依存している関係は、復縁に悪く働きます。「依存する側」「依存される側」に分かれてしまうからでしょう。

これはいわゆる上下関係をもたらします。復縁したいと願うのならば、依存心を自分から断ち切りましょう。

そして、相手のことばかり考えてしまう自分を、変えるのです。

■依存する女性は、ただ「重い」だけ

依存する女性は、簡単に言ってしまえば「重い」と思われます。

彼は、あなたに対する愛情は別れたことで薄れ、フォローする気持ち、いいように考える気持ちが失われてきています。

反対に、フラれた側の女性は彼に対しての愛情が膨らんできてしまっています。

この差が、彼に「重い」「うざったい」と思わせてしまうのです。

この状態が続けば、「もう、顔も見たくない」「会いたくない」「一人にしてほしい」「連絡しないで!」と彼は追い詰められ、あなたを拒絶するようになるでしょう。

■心をざわめかせる依存心は、排除できる

ですから、彼と復縁したいのならば、一定期間は絶対に彼に連絡しないこと。

依存するところを見せないようにするのです。

依存する女性と付き合いたい男性もなかにはいるかもしれませんが、それはごくまれです。

自分の心を穏やかに、スリムにする努力をしましょう。

依存心は、時間が経てば少しずつ薄れていきます。

他に気になる人ができることもありますし、仕事や趣味を楽しもうと前向きになれることもあります。

また、彼を徐々に忘れていけるでしょう。

時間が解決してくれるということを忘れずに、彼と新しい関係を築けるように、自分自身を変えていく努力をするようにしましょう。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ