女子力アップ

男性から声をかけられやすい体質を作るには? その4つの秘訣を探ってみよう

声をかけられやすい女子

男性に口説かれる女性・口説かれない女性。

そのボーダーラインは果たして、どこにあるのでしょうか?

答えは簡単。「無防備であるかどうか」です。

言い換えれば「隙があるかどうか」。

「言い寄っても無下にしない女性」「だけど、身持ちが堅くてなかなか落とせない女性」であればあるほど、夢中になるでしょう。

ですが、反対に「言い寄っても全然効果がない女性」「本当に尻軽な女性」は、男性も口説いても無駄と思うよう。

できるならば、男性から誘われやすい女性になりたいですよね。それでは、どんな女性を目指せばいいのでしょうか?

■たびたびひとりで行動できる女性

いつも女友達とベタベタ、まったく自立していない女性は、男性も声をかけにくいようです。

他の女性の目があると、単純に声をかけにくいという理由が専らのよう。

その友達にも気を使わなければいけませんし、「女性の友達とベタベタするのが好きならば、付き合っても友人を優先されそう」と思われてしまうみたいです。

■会話が楽しめる女性

まったく会話が通じない女性は、男性にとってもどう接していいかわからないよう。

ジョークにも無表情で対応されたら、すーっと気持ちが冷めてしまいます。

できれば、男性の話には笑顔で対応するくらいの柔軟さを見せましょう。

ニコニコ話を聞いてあげられる心の広さが、男性にとっても懐の広さを感じさせるようです。

■頭がやわらかい女性

頑なな女性は、男性も扱いにくいとされています。

特に「こうでなきゃだめ!」「どうしてルール道理にしないの!」なんて女性は、男性にとっても面倒くさくてたまらない生き物でしょう。

スポンサーリンク

もちろん、主張すべきことは言わなければいけなませんが、口やかましくいろいろと指図するような人はいいとは思われにくいでしょう。

■男性に不慣れな女性

男性との恋愛経験が豊富な女性は、意外にもなかなか声をかけられにくいそうです。

「自分では手に負えなさそう」「自分のほうが経験不足だと思われたくない」という複雑な心理が交錯するのかもしれません。

「既に彼氏がいそう」と思われる場合もあるようです。

恋愛自慢やモテ自慢は、逆にモテを遠ざけることもあるようです。

 

相手から声をかけられるのを待ちたいのならば、なるべく工夫して待つようにしましょう。

隙を作るというよりも、ガードを解いて行くことが大事です。

心の殻をむいて、できるだけいろいろな人と気安く触れ合うようにしましょう。

そうすることで、素敵な出会いを演出することができるかもしれません。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ