女子力アップ

気配り上手になって、男性にモテる!

気配り上手の女性は、美人じゃなくてもモテる印象があります。

とにかく男性からも、同性からも人気がありますよね。

でも、こういう女性は先天的にそういった能力が高い気もします。

後から「気配り上手」になることはできるのでしょうか?

気配り美人

■周囲を観察して、ちゃんと配慮するようにする

常に周りを観察しましょう。

おおげさな気遣いはいりません。ちょっとした気遣いや、感謝の言葉、相手のために労力を払うところを見せるだけでいいのです。

スポンサーリンク

逆に、自分が!自分が!という言動は控えるべきでしょう。

相手のことを思いやろうとする姿勢が、何より気配り上手と思われるのです。

また、できれば「何をしてほしい?」「何か欲しいものはある?」と聞かないで、察したほうがそのスキルは高く見られるかもしれませんが、難易度は高いです。

あまり自信がないという人は、確認してから行動したほうが問題が起きにくいでしょう。

■「自分は気配り上手」という感じで振る舞わない

私は気を配るのがうまいのよ!と言わんばかりの表情と気配りを見せていると、なかなか相手もあなたを褒めにくくなります。

できるだけ「そっと」「静かに」「他の人に気付かれないくらいの気持ちで」やることが肝心です。

気付かれなくてもいい、無償の気持ちで相手に尽くそう。

こういう気持ちを気配り上手の女性は持っています。

スポンサーリンク

「私がやりました!」なんてアピールばかりしていると、「そこまで言うほどのことはしてないじゃないか」と相手に言われてしまうかもしれませんよ。

■女性らしい気遣いができるアイテムを忘れない

女性らしい気配り上手さんは、やはりアイテムを豊富に持ち合わせています。

たとえばティッシュやハンカチ、ソーイングセット、ばんそうこうなどはわかりやすいですよね。

いざという時に、サッと相手に差し出しましょう。

■マメである

意外と大事なのが、この「マメ」さです。

たとえば恋人との記念日や誕生日を覚えている。マメに連絡をしてくれる。

相手の相談にもこまめにのり、気遣いも忘れない。

「そういえばあの悩み、解決した?」なんてフォローをしてくれる。

こういうマメさは、気配り上手の女性に欠かせません。

「タイミングがいい」というと運がいいみたいに思われますが、その運は彼女自身が引き寄せているものです。

まず、相手への思いやりに見返りをもたらさないことが大事です。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ