女子力アップ

気になる彼の気持ちを、つかんで離さないメール術

気になる彼をつかまえるメール術

メールの使い方が上手な女性は、モテやすいとされています。それは確かに、本当の話です。

男性の胸をキュンキュンさせてしまうような、素敵なメールをどうやったら作れるのか。

そして、そのメールをどんなタイミングで送ればいいのか。 メールの効果的な使い方について、あまり理解していない人も多いかもしれません。

ですが、そんなに難しいことはないのです。

ここでは、モテる女性が良く使用しているような、恋愛に効果的なメールの送り方についてご紹介してきましょう。

 

■メールが来ても、すぐに返信しない

気になる男性とメールアドレスを交換して、相手からメールが送られてきたとします。 その時に喜び勇んで、速攻で返事を作って送っていませんか? こういう行動を積み重ねていくと、男性にも好意が伝わります。 そして、あまりにあなたのする行動が、彼の思い通りであり、意外性を感じられないような時には、相手もあなたと付き合うことをつまらなく思ってきてしまうかも。

ですから、すぐに返信するのはやめて、ちょっと焦らしてからメールを送りましょう。 少し間を空けることで、男性にハラハラした気持ちを味わってもらうのです。 そうすることで、相手も自然とあなたの存在を考えるようになったり、頭から離れなくなったりするのです。

 

■肝心なところは、(笑)や顔文字でごまかそう

自分の気持ちを、ちょっぴり見せてドキドキさせたい時には、「冗談だよ」と言える余地を残しておくと、相手の気持ちも楽になるようです。

たとえば

「今度は二人っきりで会いましょうね」

とそのまま送るよりも、

「今度は二人っきりで会いましょうね(笑)」

のほうが、彼にも軽く伝わります。

これくらいのほうが、男性も気軽に誘いに乗れるのではないでしょうか。 それに、男性もドキドキさせられることでしょう。

 

■誘ってほしい場所をアピールしてみる

「最近できた水族館に行きたいんだけど、一緒に行ってくれる人がいなくて……」と、彼にアピールしてみましょう。 彼がその気ならば、「じゃあ、一緒に行こうよ」と言ってくれるはずです。

 

■メールに、あえて質問文を使わない

相手にメールを送る時には、質問にしたほうが返しにくいとも言われています。 これは、あまりに質問形式のメールを送りすぎると、彼が「押しつけがましいな」「メールを返すの面倒くさいな」と思ってしまうかもしれないということです。

相手がどう返事してもいいようなメールを送ってみるのも、効果的なことがあります。 相手によって使い分けたい手法でもありますね。

スポンサーリンク

 

■ギャップを見せる

男性は、女性のギャップを見るとぐっとくると言われています。 相手が自分のことをどう思っているのかをリサーチして、それとは別の態度をとってみるのも効果的なのです。

普段会っている時には元気で明るい性格だという印象を与えているならば、メールでは甘えん坊で寂しがりやな印象を付けてみる。

反対に、実際には甘えたがるような女性に思われているなら、メールではしっかりしてテキパキした一面を見せてみる。

そういうギャップを見ると、男性も「この子と付き合うといろんなことが知れそう」とドキドキ・ワクワクするということです。

気を付けたいのが「見た目はマジメなのに、メールではセクシーな女」という存在。 あまりにもやりすぎてしまうと、相手に引かれてしまうかもしれませんから演出はほどほどにしましょう。

 

■絵文字は入れすぎない

絵文字をたくさんメールの中に詰め込む女性は、男性からしてみても好き嫌いが分かれるようです。 普通の文字と絵文字を交互に入れて、まるで暗号のようになっているメールや、同じ絵文字を何個も重複して使っているメールは、見ているだけで目がチカチカする!なんて言われてしまうかもしれません。 見た目にインパクトがあるメールも面白いですが、ついていけないと思われてしまったら損です。

ニコニコマークやピースサインのマーク、もしくはハートマークなど、わかりやすくて効果がある絵文字を使うといいと言われています。 青系の文字は冷たい印象がありますから、恋愛感情をアピールしたいなら、赤やピンク、オレンジなどのカラーの絵文字を使ってみてください。

最近では、ネットスラングをメールの中で使用する人もいますが、こういう使用方法は「もしかしてオタク?」と思われてしまうことがあるようですから、進んで使用しないようにしたいものです。

 

■彼のメールの仕方をまねてみる

これは、かなり効果的な手段とされています。 彼のメールの仕方をまねてみると、相手があなたに親近感を抱きやすいそうです。

たとえば、相手が短文メールを送ってくるようなら、同じように自分の文章も短くしてみる。

相手が絵文字をメールで1個使うくらいなら、自分も同じように1個使うくらいに留めてみる。

このように、相手のメールの作り方を研究して、まねをしてみましょう。

 

効果的なメールのやり方さえ覚えておけば、彼との距離もぐっと縮まるはずです!

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ