女子力アップ

彼のハートをときめかせる、モテ子の電話テクニックとは

大好きな彼と電話をしたい!

でも、恥ずかしいからかけられない…。

そうやって延々と電話の前でモジモジしていても、何も変わりません。

今こそモテ子の恋愛テクニックを学んで、彼の心をときめかせるような電話がどんなものなのか、学んでいきましょう。

モテ電話

■電話をするタイミングって、いつがいいの?

彼に電話をするタイミングって、本当に難しいですよね。
夜?それとも、寝る寸前くらいの時間帯?
なんて言って電話をすればいいのかしら?
なんてお悩みの方。
実は、何の用事がなくてもかけてもいいのです。
むしろ、恋愛上手な女性は、「用事がない時にこそ電話をする」のだそう。
用事があるから電話しているのは、「フツー」でしかありません。

 

■彼の印象に残る電話テクニックって?

まず、電話をかける時に意識したいのは、時間です。
毎日同じくらいの時間帯に電話すると、彼もだんだんとその状況に慣れてきます。
だんだんとあなたからの電話を楽しみにし始めるかも?
たまには、かけない日をつくると効果的かもしれませんね。

そして、電話の長さも気をつけましょう。
あまりにだらけて喋ると、彼も飽き飽きしちゃいます。
それよりは、「あなたの声を聞かせる」ことだけを考えて!

スポンサーリンク

話の内容は、どんなことを話せばいいのでしょうか?
まず、自分の話ばかりをしないこと。

少しだけならいいですが、ずーっと自分の話ばかりし続けては彼も疲れてしまいます。
それよりは、彼からの話を引き出して。

仕事やプライベートでの悩みを聞いたり、相談に乗ることで、二人の関係性はより強固なものになるでしょう。
そして、その時に心配している気持ちを伝えることを忘れないで。

アドバイスはしても、説教はしないこと。
それをするのは、ママの仕事です。

しかし、できるなら楽しい話題を選ぶべき。
「今度、○○に遊びに行こうよ!」ですとか「美味しい焼き鳥でも食べに行かない?」なんて誘ってみたりして、彼との時間を楽しみましょう。

 

電話は、恋愛における重要なツールのひとつです。
声を聞くことで相手の気持ちを高められますし、電話だからこそ伝わる気持ちもあります。
恋のはじまりについ長電話をしてしまうこともあるかもしれませんが、あまりにダラダラとした会話ばかりしていると、お互いに「なんか一緒にいるのに飽きちゃった」「ダラダラ喋ってばっかりで、ときめきがなくなってきた」なんて思うようになってしまうかも。
ベッタリの関係はやめましょう。

 

反対に、彼からたくさん電話がかかってきている時には、じらしてしまってもいいかもしれませんね。
なかなか会わないけれど、電話は時々する。
彼の恋心を燃え上がらせるのに、ぴったりの行動ですね。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ